『記者と皇帝』感想・2

幕が開く前、音楽に合わせて客席が手拍子する。
客席中のわくわく・期待感が伝わるようでとても幸せになれる。

さてこの公演を3回観てきました。
3月19日の11時公演、3月21日の11時と14時半公演。
幸せ。
楽しかったです。

みっちゃんの妹・セーラ役の伶美うらら嬢が超絶かわいい。
超絶キレイ。
ドレス着映えするわー!

美貌で名前はきこえてましたが私ははじめて認識しました。

きっとけっこうでかいけど(おとめによると164.5センチ)、ドレス着てる限りそんなに気にならない。膝折できるし。
彼女の美貌は見てるだけで幸せになれるレベル。

でもって実力のほどはあんまり知らないが(おとめをみるかぎり成績はあんまりおよろしくないようだ)、今後すごい人事があっても、「ああ、あれだけ美人ならなぁ。仕方ないよな」と思うレベルの美貌でございました。
ああ眼福。

とはいえセーラの芝居はよかった。
声もきれいだし、清らかで兄思いな若いご令嬢でした。
美貌なしでは成り立たない役をやってみてほしいわぁ。むちゃくちゃ説得力あるだろうなぁ。

『ヴァレンチノ』アドリブは11時公演も14時半公演も「DVDは6月6日発売です」。
どうぞよろしくお願いします、と3人(みっちゃん、うらら、桜木くん)で頭を下げてました。
執事見習い・マーフィーの桜木くんもかわいい。

ちなみに21日は2回ともカメラが入ってましたが…スカステ用かな?

そしてもう1人ガン見してしまったのはアデレイド・ニールスン役のあゆみさん。

ホテルで大団円を迎えたところのあゆみさんの歌い上げに不意に感動したのです。
響く美声にひたすら感動した。
鼻の奥にツンときた。

ああもうあゆみさんの歌が好きだ。存在感が好きだ。

あまりに素敵すぎてパレードの間中ガン見してました。イケメン男役をあえて無視で。
たぶんバリバリ気づいてもらえてた。目、合いまくってた(だって私そのとき最前列センターにいたんだもの……って自慢ですね、はい)。
ありがとうあゆみさん。
ブラボーあゆみさん。

いやでもほんとにアデレイド役のあゆみさんはかわいかったのよ!
「へ~いか(陛下)♪」な言い方とかさ。「それがあなたたちの、ご・ぎ・も・ん?」とかさ。

浮きまくってるんだけどかわいげがすごい。
あたたかさも優しさもあるとてもいい役。

「わたくしの弟子におなりなさい」とロッタに声をかけるところも好きだし、最後に「私はここにとどまります」と告げるところも泣ける。

ヴィジュアル的には多少アレだけど(失礼)そんなの帳消しにできるくらい素敵だったのよ!

しかし今日ガン見してた対象があゆみさんと伶美うらら嬢って…なにこの振れ幅。

web拍手 by FC2

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。