『ル パラディ』感想・5

・えりたんが銀橋で歌うんだが、本舞台の2組の男女が気になってしょうがない。

しゅん様&じゅりあとまなと&ゆまちゃんのコンビ。
ダンサー同士がっつり踊るんだが、なんつってもゆまちゃんのタコ脚ドレスには激しく反応せざるを得ない…ッ!

そしてこの2組のリフトがすごいの。
豪快にぐるぐる回す回す。

そりゃ拍手もするよ!!

・ともよ王子のご案内(?)で女の子たちがムッシュ・サクレに会いにいく。
おいしいところを持ってくのは天真くん。女装してます。
大介センセイはなにげに彼が好きなのでは(笑)。

・ここでも銀橋に女の子たちが出てきて歌うのが大介クォリティー。ほんとに銀橋祭り。

・そして客席からまとぶんが登場するのでお見逃しなく。
1階21列41番席のあたりから通路を前へ進みます。

・このへんからずっと「まとぶんサヨナラショー」のおもむきです。

芝居とちがって心おきなく泣ける。
これでもか! と泣きのスイッチが用意されてます。

・まとぶんが客席をねり歩いている間、本舞台ではみつめお以下の男役が踊る。
ピンクの羽根扇がかわいい。

ラストで銀橋に並んでまとぶんの尻尾っぽくなるのもいい。

・「青春が終わる」みたいなことを銀橋で歌うまとぶん。
これは反則だろ…。

・まとぶんがいったんセリ下がったあと、組子が舞台に勢ぞろいする。
そして青春賛歌的な歌。
再びセリあがるまとぶんを組子でお迎え。

退団するトップさんを手厚く讃えることがファンの希望、ということをよくわかってるよなー。

・退団者(だと思う)がセンターにきて踊るシーンもあり。

・大階段を使った黒燕尾。
飾りのないごくシンプルな黒燕尾で、心意気を感じる。

この衣装は飾りがなくても本人が輝けるからこそ。

・階段状で「Y」の字になるのも愛。
もちろん「ゆうくん」の「Y」だろう。

・まと蘭のデュエットダンス。
蘭乃ちゃんのベビーピンクのドレスがかわいい。

・蘭乃ちゃんが先にハケてまとぶんが1人だけ残る演出なのは単独退団だからだろうか。

次から蘭寿さんと組む蘭乃ちゃんにまとぶんの匂いをあまりつけないでおこうという配慮なのかなぁ、というのは勘繰りすぎか?
(ついでにいえば、まとぶんと組んだ芝居が3作とも妹系なのもその影響かしら…、なーんてね)

・エトワールはあまちゃき。
上手くはないけどていねいに歌ってるなぁ、と思う。

・階段降り(センター)の順番はうろ覚えですがこんな感じだったかなぁ。

天咲→瀬戸・望海・鳳→天宮・朝夏・華月→華燿・真野・花野→華形・桜→愛音→壮→蘭乃→真飛

路線外の上級生娘役(きらりちゃんとか)がこんなにおりてくるのも珍しい。

・全体に「お祭りー!」って感じでほんとによいショーでした。

web拍手 by FC2

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

時を超え場所を超え

次の記事

『黒い瞳』ポスター