コンドルズ「PINK!」

コンドルズ福井公演。
行ってまいりました&早くも家に帰りました。

しょっぱなから客席にカルチャーショック。

オペラグラスの使用率、低っっ。

まー、後ろのほうでも20列目くらいだからいらんといえばいらんのですけど、誰も持ってないとなんか違和感。
そして用意してきた自分が恥ずかしい。
これはコンドルズだからなのか福井だからなのかは謎です。

舞台は面白かったです。
感想は書きにくいんだけどね。
だってストーリーとかがあるわけじゃないし、メンバーもほぼ認識できてないし。

あ、藤田さんの頭がまっピンクでした。

あまりのピンクっぷりに、はじめはピンクのタオルでも巻き付けてるのかと思ってました。
本気でピンクでした。
チラシの色のようなピンクでした。

その藤田氏、販売Tシャツを着て「カリフォルニアー」とか言ってるわきゃわきゃした場面で、最後にアドリブで、

東尋坊に飛びたーい

とのたまって舞台を去っていきました。

死ぬから。
東尋坊、自殺のメッカだから。

近藤さんはソロダンスをしながら、

もう40歳。
でも思ってたより踊れるー。
だいじょうぶ!

的なことを叫んでました。
そして飛びはねまくってました。
驚異の40歳だ…。

あと「早くビール飲みたい」とも。

今回の公演はアフタートーク付き。

出演者8名が出てきて、なぜか横一列に座る。
軽くあいさつのあと、質問大会。

コンドルズ使用の学ランはジャージ素材などではなく、ごく標準的な富士ナントカなどの学生服であるらしい。
ただし全員がそうかというとそうでもないらしいw

あとダンス経験はみんなけっこう短い。
ていうか、スタートが遅いのですな…。(大学から、とか)

質問大会で終わりかと思わせておいて、恒例(?)の藤田さんいじり。

出た、羞恥プレイ。

藤田氏の初恋の女性シズコさん(シヅコさん?)からの手紙の朗読。
そしてビデオレター。

ビデオレターにより明かされた藤田氏が彼女に送ったプレゼントの数々。

・木彫りのネコ

・サザエ

・切り絵

ちょ、どれも……いらん。
若さゆえ~。

木彫りのネコは公園の街灯の下でせっせと彫ったそうな。
彼女がネコを好きだったから。
(せめて部屋で彫ればいいのに)

サザエはおじさんと海にいったときにとってきた(密漁)ものだそうな。
しかし彼女はあまり好きではなく、家の人が全部食べたらしい…。

そして切り絵。
これは彼女がオードリー=ヘップバーンが好きだったので、ヘップバーンの切り絵を制作したらしい。
器用だな…。

どれもお金がかかってません。

これ以外に藤田氏みずから暴露したところによると、ツタをとってきて風呂の中でぐるぐる~っとやって

・クリスマスリース

も作ったらしい。
すごい。すごいが嬉しくない。

彼女(既婚・会場には来ず)から公演名「PINK!」にちなんでニットの帽子とマフラーを贈られてました。
かわいかった。

拍手する

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

ブログを書いて