ダンシング・フォー・ユー・5

●第4章 ダンサ・ラティーノ

アラビアンな場面らしい。

ウメが若手男役を率いて出てきます。
でも、なんで生腹じゃないの~~? ああ不満。

男役は6人。
みんなウメと絡むんだけど、1人だけ絡ませてもらえない人がいるんだよね…。せつないなー。
最下の蒼羽さんか?

あと、下手側2人目の人が気になった。なんか濃いような。
宙男の顔の見分けがつけばいいんだけど…。

タニオカさんも登場。
いかにもアラビアンな格好なんだけど、長髪のカツラもかぶってるんだけど、これまた微妙なんだ_| ̄|○

タニオカさんって衣装はシンプルな方が似合うと思う。それか宇宙人テイストなぶっとんだヤツ。(←これが一番似合うかな)
そして美貌のわりに長髪が似合わない。カツラをつけても色気が増幅しないという不思議なお方だ。
たぶんカツラの選択がヘタなだけじゃないかな。たぶんストレートヘアーとか、もう少しあっさりした髪型だったらきれいに見えたんじゃないかと。

そしてタニオカさんは呪文を唱えた!(o・Д・)ノ(魔法レベル4)

なに言ってんだか全くわかりません…。
あ、アラビア語? 歌?
歌詞もわからなけりゃ音程も耳馴染みがありません。
『歌劇』座談会によるとこの歌は「ハバナギラ」というイスラエルの歌らしい。

けど、わかんないのはイスラエルの歌だからってわけじゃな(以下自粛)。

この場面、全体的に衣装がアレでなぁ…。
特に男役が安っぽい。せつない。娘役はまだ多少見れるんだけど。

あ、でも2度目に出てきたウメの衣装(白っぽかった気が)はわりとよかった。

んでみんなで総踊り。
男役も娘役もみんなで総踊り。腕をユラユラさせながらこれまた結構ナゾなダンス…。
でもウメの動きはなんかすごかったな…。何がどうすごかったのかはわかんなかったけど、すごく目を引いた。

んで、(私にとってだけ)問題の 蘭とむ-まちゃみ-ともちん の並び。
なぜ蘭寿さんとともちんを並べーーーん!ヽ(#゚Д゚)ノ
これからは「ともまゆ」がくると半ば本気で信じてます(「ともとむ」は言いづらい)。

中詰めの銀橋が終わってともちんの銀橋ソロ。
初日は汗で顔がすごいことになってましたな…。テッカテカでしたわ。
2日目の午前はそれほどでもなかった。プロだから早くもコントロールできるようになったのか!?
(午後は当日B席で見てたのでろくに確認できず)

●第5章 ダンシング・フォー・ユー NY

銀橋でまさことえりこ。
ソフト帽をかぶってて、これがめっちゃくちゃかっこいい。
長身で見栄えもするし。

ホームレスな格好で出てくる4人の男役。
トップ達が登場。

蘭とむはオチ担当って感じですね。
ほんとにこういうアホな役が似合うよなぁ。明るくて軽くて厭味がなくてかわいいんだ。
スカステでみた『くらわんか』を思い出した。

そのホームレスたちがアメリカンドリームを叶えてNYの街に。
ここが中詰めだった方がよかったんじゃないかなー。この場面は好き。

ウメのカツラもよくて(って、日替わりかもしんないけど)、タニオカさんも衣装が似合ってる。
タニオカさんは大時代がかったマントばっさばさのコスプレよりも、こういうシンプルで粋に着られるもののほうがいいわー。
かわいくてかっこよくてキレイに見れるもの。

バチの行方がいつも気になります。
3回とも、きれいに奥に入ってたんだけれども、1回くらいはやらかすんじゃないかなー、とかw

●第6・7章 フィナーレ~パレード

エイト・シャルマンとして若手男役8名のダルマ。

細せーーーー、脚長ぇーーーー。

眼福だ。いやぁ、みんな人間ばなれしてるなぁ。
ちぎと対になってる人の脚が特に細かった。だ、だ、だ、大丈夫かっ(゚Д゚)))ってなくらいに。

続いてアリスをセンターにしたロケット。
すまんがこれは……アリスに酷だ つД`)
エイト・シャルマンの後では人間味がありすぎててさ…。私だったら、この構成は、泣く。

黒燕尾の踊りは心が震えた。やっぱりきれいだ。

大階段でのフォーメーションがこれまたよかった。
両脇に男役を従えながら、前列にタニオカさん、中列にとむみち、上段にともちんで、菱形にきれいに並んでるの。
ともちんがものすごい長身だからか、形がきれいに決まってた。

娘役たちが加わったあと、タニウメのデュエット。
しばらく見れなかったこともあって、ただひたすら泣けてくる。
ウメがしっかり踊ってる、そのことがただただ嬉しい。

エトワールはたっちん。
きれいな声だ。これも宝塚では聞き納めか…。(在団期間が)短かったなぁ。
そして、ラストエトワールなんだから、もうちょっと長く歌をあててほしかった…。

カーテンが降りる前、蘭とむを観察してみた。
ものっすごい勢いでありとあらゆる方向に手を振っていた。
手を振る方向を変えるたびに顔の向きも変わるので落ち着かないことこの上ない。

うーん、しかしサービス精神にあふれてるなー。

「あれもこれも、ついでにそれも、みんな持って帰りやー」的な、関西魂を感じます。

ヒマな方、是非とも観察を。
あの様子だけでかなり腹いっぱいになります。


拍手する

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

チケット確保

次の記事

『忘れ雪』画像