宝塚グラフ・2008年9月号

表紙はアサコ。
ほわほわの髪がかっこいいです。はい。

ハードロックテイストというかジャニっぽいというか。
少なくとも女子っぽくはありません。

今までも女子っぽくない表紙はあったけど、ヅカっぽさも薄いような。
一瞬なんの雑誌を買ってるのかと思いました。

しかしさー…、言っていい?
4~5頁の青の服がオサレなような。(notおしゃれ)
なんかバブル期あたりを思い出す感じ?
バブルのころは子供だったんで記憶が定かじゃないけど、王冠のエンブレムつきのスーツとかなんかやたらに出てたような。

花組の『Another Stage』。
最初のまとぶんがきりやんに見えました。…似てるのかなー?

消防士のジャンプがなんか笑える。
特に上手でまじめくさってるえりたんの表情がたまりません。

インシャラーの稽古風景も何気におかしい。
だってみんな着物を羽織ってる。超・和テイスト。
商家の若旦那(3代目・幇間の芸に入れあげて身を持ち崩しぎみ)と丁稚と番頭って風情だ。
…えりみわのどっちが丁稚かは想像におまかせする。

25ページ上のゆうひさんがかわいい。
ふにゃふにゃです。
ふにゃふにゃの顔でソフト帽。そして首にはストール(定番)。

えりたんの『Update』はすんごくきれい。
あんまり見ない髪型だけど似合ってる。いつも青年っぽいのに今回は本人談のとおり中性的だ。
女子っぽさの混じったえりたんってほんとに新鮮だわ。

『お気に召すまま』がとむみわ。
花組か…と思ったらこの二人予科本科だったか。

しかししょっぱなから「泣けるぜ!嬉しいぜ!イエーイ!」
みわさん飛ばしすぎw

このトーク、「全編完全に関西弁でお送りしております」状態で楽しいんだけど、一番笑えたのは『スカウト』での演出家ハリー正塚ネタ…。
おそるべし、演出家。あなどれず。

そして『とことん知りたい~』での蘭とむの足がでかいっ。
タニオカさんと身長はほぼ一緒なはずなのになぜそんなにちがうのか。もしかして25センチくらいあるのでしょうか。

追跡者・みっちゃんの字がうまい。相変わらずうまい。ジェンヌの中からは浮きそうなほどにうまい気がする。
某トップに字のレッスンをしてみてほしいほどだ。

今月の初舞台生写真は84期。1998年だから今からちょうど10年前。
10年前ってこんな服着てたっけか?な人がたくさん。特に男役。

昔っから女子度の高かったキムと昔っからテラオサレなみっさま。
時代の流れをほとんど感じません。
むしろ三つ子の魂百まで、って感じ。

拍手する

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

まさおコンテンツ