いつかは石鹸アーチスト・1

まとぶんラヴなS嬢からまたもやDVDをお借りしました。
ヤツの財布が心配です。
でも私もハマりたてのころってすんごいペースで買ってたよな~(遠い目)。

はい、『アデューマルセイユ/ラブ・シンフォニー』のDVD感想です。

真飛がアホすぎてかわいい。

なんだあれ。
登場人物紹介に「マルセイユの夜の街を支配するオリオン派のボス」とか書かれてるくせに、予想を覆す気のいい兄ちゃん設定。
しかもあんまり頭よくないってのがせつないけどかわいい。夜の世界を支配してるのに頭よくないってどうなんだ。

女にハマって夜の世界のボスになっちゃいました。
じゅ、純粋…。ピュア…。
てか何、その甘酸っぱい設定は!
中高生か!!

いやあ。最初に「お客様に安心して楽しんでいただく」って言ってるのがまさか字義どおりだなんて思わなかったよ!
ヅカとは思えぬ健全さ。

そしてやってることは「石鹸アート」。
前世はダヴィンチかミケランジェロってわりに作ってるものは雪ダルマ…。それを堂々と「ジャンヌ」と言い放つすごさ。

ぜったいぜったい芸術センスなしっっ。

と思わせといて、終幕にはそれなりのものを作れるように。上達が早い。

しかもシモンの中では石鹸アート>今の夜の仕事ってのがまたなんとも。
いいのか、そんなやる気のないボスで。

ボスを慕う部下たちもなんかかわいい。
部活っぽい。
夜の世界なのに暗かったのは登場シーンだけだよ!

石鹸アートでのジャンヌとのやり取りが超おかしかった。
このカップルかわいい。かわいいっ。

みわっちの女装はいいなぁ。
婀娜っぽくてきれいで押し出しがあって。
銀橋でのねばっこいウィンクもくせになる。

この後にフォンダリさんやってたのかと思うとすごいものがあるなぁ。

拍手する

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

椿姫