The name of五峰亜季

サンスポの記事
まゆみ兄貴・・・じゃなくてまゆみ姐さんです。

芸名シンプルでかっこいいですよねー。
普通に使えそう。
なんか大人っぽい。
その芸名の由来・・・。

母親の知人にいくつか候補を考えてもらった中から、家族で選んだ芸名という。

なんの説明にもなってませんがな。

それより続きの方が気になる。

「ふだんは愛称(まゆみ)で呼ばれることが多いので、“五峰さん”といわれるといまだに緊張します」

芸名で呼ばれると緊張するってのはなんなんだろう。
上級生からお叱りを受ける下級生時代とかを思い出しちゃったりするのかしら。
あるいは演出家たちから駄目だしを受ける気持ちに入っちゃうとか。
ジェンヌの感覚はわからない(あたりまえだ)。

そして・・・

芝居に目覚めたのは10年のバウ「ICARUS」のニコル役だったという。「遅いんですが、役作りを真剣に考えるようになったんです」

 14年11月に専科へ異動。「THE LAST PARTY」のシーラ役、「堕天使の涙」のジュスティーヌ役など、芝居で重要な役や母親役が多くなった。

あら、全部景子センセ。
ていうか、芝居に目覚めるのがちと遅すぎやしませんかいな。


拍手する

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

こだわりの男

次の記事

娘役のせつなさよ