赤く熱い海・1

雪バウ感想をちんたら書いてたらけっこう日にちが経ってしまった・・・。

ツッコミどころありまくりの花組公演の感想であります。
先にショー『Red Hot Sea』から。

なんというか、プロローグが不憫である・・・orz

熱帯魚なああああああ。
衣装もさることながらあのかぶりものは一体。
本気で意味不明なんだが。

なにがかなしゅうてクールビューティーゆうひさんの微妙な格好を見ねばならんのよ。
いや、ある意味おもしろいけど。
そして顔だけはやたらにかわいいけど。

でもね。
えりたんは似合ってた。
なんでか。

えりたんの持ち味の一つに、にぱーっとした、なんも考えてなさそうな、非常に能天気なキャラというのがあると思うのですが、それに合致したんでしょうかねぇ。
そうだとしか思えない。
ていうか、芝居でのトゥスンもわりとそんなキャラだったな・・・。

とりあえず、舞台上に繰り広げられる草野テイストな世界。
色彩は明るいのに、なぜか現実に引き戻されてしまう不思議さよ。
ありえない色の展開にツッコみながら見るからなんだろうなー。

みわっちの妖精はかわいいなー。違和感ないよ。
ていうか、これさっきまで医者だった人か。
ついでにいうと、中日公演では変なおっさんキャラやってたよな。
すごいな。

すみ花が子役。
まとあやの子供。かわいい。安定してるなー。
2回ぐらい上手客席通路を走ってくので、そっちに座ってる人がうらやましい。

ともかくも、熱帯魚たちの踊り。
みほちゃんのラストダンスと一花の殺人的なかわいさを堪能。

この公演をとおして私が一番見てたのは一花だろうな~。
あのかわいさは異常。なんなんだ。
鬼気迫るかわいさだ。

とうとうお披露目のまとぶん。
きれいですよこの方・・・。わかりきってたけど。

オーラが白いっすよ。トップですよ。
舞台も素も美人だし、実力的に破綻がないし、雰囲気が大らかで安らぎを感じるし、男役としてのかっこよさもあるし。

ああああ、おめでとう~。
まとぶんがトップで満足です。


拍手する

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。