歌劇2008年2月号・2

「キャラクターサーチ!」
上級生からは犬と言われ、同期生以下からは猫といわれるらんとむ。
わけがわかりません。
(ちなみに、フクロウという答えはタニオカさんクオリティなのか)

しかも甘えん坊。
ほおおお、誰に甘えたんだ。

( ̄ー ̄)ゆってみ?お姉さんに言ってみ?

(彩吹のゆみこちゃんあたりを希望。)
あおいちんの証言ってことは、同期に甘えてたってことですか?
音校時代とか?(*´д`)
てことは、えりたん?(それもいいなぁ)

ていうか、蘭寿さん、ボケだったのかww
軽くびっくり。
顔がくどいからなんかしっかりしてる印象がありました。
といっても、

顔が濃い→目がはっきり→意思しっかり→しっかり者

っていう、むちゃくちゃな連想によるものですけど・・・。

すずみんの七日間日記。
誰もいない客席を舞台から眺めるの図。
けっこう不思議な空間ですね。
でもこういう写真を見ると、ジェンヌからも私たちが見えるんだなぁ、ってのが感じられて嬉しくなる。

6日目の稽古場写真。
ももさりの顔芸にワロス。

えと文。

マギーさんは今月もマギーさんでした・・・orz
ジェンヌの裏話を書いて下さい。
でも月組の伝統芸はくずせないのか、ああ。
来月もこーゆー感じなんだろうなー・・・。
あ、そういや絵がないや(タイトル以外)。

かと思うと。
かなめのえと文の絵が大きめなのは文章が少なかったからですか?
ていうか、そうだよね?
書いて下さい。

うめは神だった。
まず、写真が超かわいい。

かーわーいーいーーーー

鬼に豆まいてるの!
着物で。似合いすぎ!

どうせなら鬼は絵じゃなくて誰か(同期にでも)にやらせてほしい。
候補の筆頭はあかし。
これまた似合いそう。
でもえと文の写真は二人以上写っちゃダメなんだろうな~。

文章はねー、

「あせあせっ。ふう。」「てへへのへ。」

かーーわーーいーーいーーーーー!!!!

すごいよすごいよ陽月さん。
この言い方がいやみにならず純粋にかわいいってどうよ!
かと思ってると、

「ヒッヒッヒ。最後なんだからちゃあんと締めろよぅ。締めは大切だぜ。ヒーヒッヒッ」

あー民ですか!!
ジェンヌなのに!いいのか!
池田銀行は怒らないのか!

でもそんな陽月さんが大好きです。
できればきっしゃん並みに連載をもってほしいくらいです。
(けど、セーラー服と機関銃風な「ば・ん・ざ・い・・・。」は、どうしてもベルばら風に読んでしまうわ)

楽屋日記。

梓さんも文章面白いなー。
美ッグヴォイスなハマコ先生ワロス。
想像がつきすぎる。

千寿さんのは
「ダーリン」なあかしにビビるべきか、
「えりりん」「ゆかりん」「だりん」なゆかりに萌えるべきか。

エマ・エージェンシーの看板女優・南海は見たい!
見たい見たい!!
星組本に出てるといいなぁ。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。