恋の空中ブランコ・2

引き続き『君を愛してる』語り。

今回は「踊り子チーム」「芸術家チーム」「サーカス団員チーム」とメインじゃない人たちが分けられてます。
こういう分け方、わかりやすいからいいと思いますよ?
ただ、一人一人のキャラクターの書き分けがなくて、性格も笑いたくなるくらい類型的だと思いましたけど。でも頭を使わなくてすむから楽っちゃ楽。

サーカス団員チームの野郎どもがやたら美形揃いな件。
ひろみを筆頭に、らぎ、たに、そら、せしる、きんぐ。
何その集団。だ、誰の趣味!?
サーカスは見世物だから、きれいな子しか入れなかったんですか!?

大野先生セレクトだったらおもしろいなー、とか思いますが、たかが演助にそんな権限はないでしょう。
(私は大野っちをなんだと思っているのか)

なんとも眼福な集団です。
せっせとせしるとそらウオッチに励みます。
あああカコイイ(*´д`)
あああキレイ(*´д`)

お客はマルキーズ目当てもいるでしょうが、絶対男団員目当てもいると思います(・∀・)/
かなりの数いるでしょう(想像)。
絶対いるはずです(確信)。
ここはジャ○ーズですか?ス○ジオ○イフですか?もしくは野郎歌舞伎な世界ですか?
妄想しがいのある面子です。

ああでもゆみこも団員だったんだっけ。じゃ違うか(ヲイ)。
ゆみこ、サーカスで何してたんだ?(´・ω・`;)
た、玉乗り?(ポスターで座ってたし)

いや、団員だったからといって、芸を売ってたとは限らない・・・のか?
(芸人ってのはよく裏で客を取ってて~、という種類の妄想ではないのでご安心を。でもそらにはマダムがついてそうだ)

どうにも、踊ったり客あしらいをしたりするアルガンが想像付きません。
想像はできませんが、アルガンの過去は何気に恥ずかしそうな予感・・・(´・ω・`;)

と思いましたが、いっこ忘れてた。

猛 獣 使 い

エンレビュでやってましたよね。(ゆみこがやってたのは全ツ?)
でもサーカス団のあの陽気な衣装を着てるところを想像すると笑うけど。

とか書いてるうちに思い出してきた。プロデューサーだったんだっけ。

つ ま ら ん ○| ̄|_

曲芸師あがりのプロデューサーだったとかいう秘められた過去はありませんかね。
だってほら、何の芸もないわりには歌がうますぎるし。
結婚式の前の場面、祝福のためにいきなり歌い始めるなんて人目に慣れてないとできませんってば。ね?
それに腰つきがセクシーすぎ。第9場のところとか。
あれは、人前に出て人目にさらされて磨かれた動きに違いない(・∀・)/

そしてその色気にヤラれて美穂姐はアルガンの秘書になったに違いないんですよ!
「さすがボス」とか言っちゃって。
ラブラブ視線を飛ばしてます。今のところかわされてますが。

でも口のうまくないアルガンに「レイチェル、一緒に歌ってくれ!」とか言われてるところをみると、全く脈がないわけでもなさそうです。
千秋楽ごろには関係が変わってそうですね~。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。