南座体験

先週金曜日、ムラ初日観劇前に京都の南座に行ってきました。
春の舞台体験ツアーをやってたんですよ。
以前から気になってたんです。

JRとバスを乗り継ぎ、降りてから数分。
南座が見えてきました。
京都の桜もきれいね。

威風堂々たる南座!
お久しぶりです!!

南座に来たのいつ以来かなぁ……。たぶんOSKだと思うんだけど。

入場して客席へ。
ひとり1席割り当てられていて、体験中の荷物は客席に置いておくシステムです。
(もちろん貴重品は自己管理)

桜の掛物がしてあるところは当日使わない席。
席の後ろに小さな桜が飾られているのは、人が入ってる席ですね。

まずは劇場内をバシャバシャと撮りまくりました。
春らしく、桜の作り物が飾られてるのも優美ね。
いいお席に座ることがあまりないので、花道なんか思いっきり見てしまうわ。

天井もかっこいい。
写真では光で飛んでしまってよくわかりませんが、シャンデリアもアール・デコ調で素敵なんですよ。
パンフレットによれば「宇宙を表現した装飾模様」なのだとか。
(宇宙……宙組……となるタカラヅカ脳)

案内係の南座職員さんの案内が始まります。

これから約30分の体験ツアーが行われること。
花道を歩いたり、廻り盆やセリを体験できることなど。

SNS投稿もOKらしい。

まずは客席を出て花道を歩きます。

そして本舞台に。
客電がついてるためではありますが、けっこう客席が見える。
やべぇ、変なことしてたらバレる……。まじめな顔して観劇しようという気持ちになりましたよ。

客席のセットはこんなん。
春ですねぇ。
そちらこちらに桜、桜。

廻り盆、そしてセリ下がり、セリ上がりを体験させていただきました。

セリ上がるとですね、ライトが近くにくるのですよ。
けっこう熱い!
夏場なんか、役者さん大変だわ~。

舞台上手袖にも入りました。
大道具とか搬入するところだったかな。大通りが見えます。
日常から異界(劇場)への入り口が、ぽっかりと開いてるのが不思議な気分です。

緞帳の内側です。

「火の用心」大事ですよね。
何度も消失してますもんね。
幕が下りると生活味のある現実が待ってるのだなぁ……という心持になりました。
劇場の存亡は役者さん、裏方さんの人生や生活と直結してます。

この幕は上げられ、チョンパも体験させていただきました。
楽しかった。

これは舞台体験前に食べたフルーツパンケーキです。
南座前の「菊水」さんにて。
レトロです。食器も可愛い。

「パンケーキお焼きするのに20分いただきます〜」とかしゃらくさいこと言わないのも嬉しいです(笑)。
注文から出てくるまでが早いのはありがたい。

創業大正5年ってことは、100年くらいやってるお店ってことですね。
宝塚歌劇ができてからすぐくらいだな……と思う、やっぱりヅカ脳。

2

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。