星組梅芸『エル・アルコン-鷹-』初日おめでとうございました

昨日11月20日(金)が星組梅田芸術劇場公演『エル・アルコン-鷹-』『Ray -星の光線-』初日で、無事幕が上がったとのこと、おめでとうございました。
東西で初日を迎えるっておめでたさがすごいですね。

『エル・アルコン』は瞳子ちゃんバージョンはムラで観ました。
再演版の配役も合ってそうで、こちらも観たいなぁ。

噂では天飛くんの扱いがかなりよかったようですが(ショーの話かな)、雪組梅芸での縣くんの扱いの上がりっぷりがえぐかったみたいなもんでしょうか。
今、新公ができないので、期待の若手はここで育てておきたい的な。もちろん、ただの想像ですが。

公演期間はあまり長くありませんが、星組生の皆様にはケガなく無事に過ごしていただきたいです。

さて、『エル・アルコン』関連の記事で見つけたものを貼っておきます。
タレ目のティリアンもいいですねぇ。
どこか可愛らしくて庇護欲をそそる感じなのに、極悪非道というギャップがありそう。

宝塚歌劇では珍しいダーティーヒーローを平成19年、当時の星組トップスター、安蘭けいが演じ好評を博した。安蘭の演じるティリアンはニヒルで暗く、冷たく、にこりともしない。その公演を大劇場の隅っこで、感動に胸を震わせながら見ていた宝塚音楽学校予科生の少女が礼真琴だった。

 「客席でワクワクしながら見ていました。その私がこの作品に挑戦させていただけるなんて…。とても幸せです。彼の持つ冷酷さ、野心、秘める情熱を全身、そして内面からも表現していきたい」

産経デジタル iZa

そういやこっちゃん、海賊になりたい少女だったんでしたっけ。
無事になれておめでとう。

悪のヒーローで観客を虜に。礼真琴主演の星組開幕 | Lmaga.jp

宝塚歌劇団星組公演『エル・アルコン-鷹-』『Ray -星の光線-』が、11月20日に「梅田芸術劇場メインホール」(大阪市北区)で開幕。トップスター・礼 真琴(れいまこと)を中心に、16世紀のヨーロッパを舞台にしたコスチュームプレイと、激しいダンスが満載のショーを、出演者35名とは思わせない迫力で魅せた。 寺嶋民哉作曲の壮大な主題歌で総踊りとなる圧巻のプロローグ。中央は礼、右は舞空、左はペネロープ役

https://www.sanspo.com/geino/news/20201120/geo20112019000028-n1.html

宝塚歌劇『エル・アルコン』礼真琴「この作品に挑戦できて、とても幸せ」:イザ!

宝塚歌劇団星組トップスター、礼真琴(れい・まこと)主演のグランステージ『エル・アルコン-鷹-』、Show Stars『Ray-光の光線-』が20日、大阪・梅田芸術劇場メインホールで開幕した。  同作品は少女漫画界の代表的作家・青池保子さんのヒット作「エル・アルコン-鷹-」「七つの海七つの空」が原作。 …

宝塚ワールド:宝塚星組「エル・アルコン-鷹-」華麗に開幕 5カ月遅れ公演で礼真琴ら熱演 – 毎日新聞

宝塚歌劇星組公演のミュージカル「エル・アルコン―鷹―」とショー「Ray―星の光線―」が20日、大阪・梅田芸術劇場で始まった。トップスターの礼真琴(れい・まこと)を中心とした星組メンバーの華麗な舞台を、2本立てで堪能できる。28日まで。 …

礼真琴、舞空瞳ら臨む宝塚星組公演5カ月遅れて開幕 – 宝塚 : 日刊スポーツ

5カ月遅れで開幕した星組公演に主演するトップ礼真琴(中央)トップ娘役舞空瞳(右端)と、2番手スター愛月ひかる(撮影・村上久美子) …

宝塚星組8か月半ぶりの関西公演開幕!礼真琴が「エル・アルコン」で重低音ボイス響かせる

宝塚歌劇星組公演「エル・アルコン―鷹―」(脚本・演出、齋藤吉正)、「Ray―星の光線―」(作・演出、中村一徳)が20日、大阪・梅田芸術劇場メインホールで初日を迎えた。 …

https://www.asahi.com/articles/ASNCN5TZRNCNPTFC00N.html?iref=comtop_Culture_01
2

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。