スカピン感想・6

しみこ・ねねのカップルはさわやかでかわいい。
でもピンパーネル団の秘密をあっさりばらしてるアルマンって…。

しみこは『エル・アルコン』よりセリフがうまくなった気がする。
けど、あのなんとも言えない感じがやみつきになってたのも確かなので、上手くなったのが嬉しいやら残念なのやら。

ねねはとにかく見た目が華やか。
今回はあんまり高貴な役じゃなかったので無理がなくて似合ってた。

コメディ・フランセーズでキューピッドをやってるモナコ嬢。かわいい。
ダンスが軽やか。でもちっさいなー。

コメディ・フランセーズつながりでイザベルの花愛瑞穂嬢の怒りをこめたドレスの裾の払い方が勢いがあってなんか好き。毒っ気があります。

にしき愛様は今回もきっちり悪役をなさってました。
ロベスピエールです。
でも「悪役」っていうより「正義漢くずれ」って感じ。
革命初期には善玉だったロベスピエールが月日の流れとともに自己保身に走ってる、っていう方向で演じているように見えました。

民衆の力がすごい。迫力がある。
エリザのミルクの場面をもっと強くしたような感じ。
一部の上流階級の人が時代を作ったんじゃなくて、民衆が時代の流れそのものだったんだ、って感覚をもった。
力のうねりがすごくて、あそこに混じりたいなぁって思ってしまった。

歌もワンフレーズずつソロがあったり、ダンスもちょっとずつ見せ場があったりしたんだけど、下級生の顔がわかんなくて悲しい。
DVDになったら名前が入るよね? そしたらチェックしよう。

あと、ちえのショーヴランがブレイクニー邸の庭でうたう場面の「マルグリットの影」もすごくいい。
抒情的でひんやりとした幻想的な踊り。場の空気・雰囲気を作り出してる。

フィナーレのロケットのセンターは真風涼帆氏でしょうか。
なんかやたらめったら色っぽかった。
帽子のかぶり方にも色気がある。深すぎず浅すぎず、角度が絶妙。

真風氏はパレードで下手側のWトリオにいますね。
ほんとにオサとかミズさんとかにそっくりだー。
じっくり見てしまった。

ロケットの衣装もかわいい。
長身の男役が着るとかっこよくてコケティッシュに見えるんだけど、小柄な娘役が着るとただひたすらかわいいんだ。
着る人によってこんなに見え方がちがうのもすごいよなー。

エトワールはコロちゃん。美声。
ドレスがドリキンでまーちゃんが来てた真っ赤なバラのやつですね。これ好き。

拍手する

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。