『Cool Beast!!』感想・1

Cool Beast!!

『アウグストゥス-尊厳ある者-』併演のショー『Cool Beast!!』、安定の大介ショーでめっちゃ楽しかったです!
こちらは全力でおすすめできます。

●とりあえずざっくりおすすめポイント。

  • みんな銀橋をわたる
  • れい華の裸足デュエットダンスのユニゾン感
  • れいまいの肉対決
  • 瀬戸くんと組んだ場面のかれーちゃんの両性具有な超ダンサーぶり(美脚ありがとう)
  • 退団者にちゃんと見せ場がある
  • 美穂姐と音くりの贅沢デュエット
  • 若手娘役の抜擢&台頭
  • パレードは大羽根3つ―――――!!!!

花組生にはひさびさのショーで、めっちゃ楽しいーーーー!!という声が聞こえてきそうでした。
花組といったらダンスの花組だもんね。
お芝居もいいけどまずはショーの組よね。
たいそう元気に歌い踊り狂っていました。

私、かれーちゃんの芝居がめちゃくちゃ好きなんですよ。
だから忘れかけていました。ものすごいダンサーだということを。
瀬戸くんとのダンスは衣装も含めて、強くしなやかで美しい獣でした。
若いころ、よくこういう女性的なのやってたなぁ……。

華ちゃんとのシーンでは男性的な(男役的な)面を、瀬戸くんとの場面では女性的な(両性具有的な)面を見られて、1つの公演で2度以上美味しい。

バレエ的なダンスも男役ではあまり見られないものですが、かれーちゃんの身体能力のすごさを味わえました。

退団公演となる華ちゃん、進化がすごい。
努力されたんでしょうね。
就任前はトップ娘役としての技術不足を危ぶむ声がありましたが(私にもその不安はあった)、今が充実期だと思える舞台を見せてくれました。

また、2番手・瀬戸くんにとってもこれが退団公演。
学年・経験を重ねての貫禄、華、スターとしての大きさ、大人の色気などを惜しみなく出しています。
かっこよかった。
トップのかれーちゃんを悠々受け止めてくれるのはさすがですね。

あ、ダンスは「Beast」ということで猫手の振りが多めでした。
『Gato Bonito!! 〜ガート・ボニート、美しい猫のような男〜』に続いてネコ科シリーズ作ったりする?(笑)
『Cocktail―カクテル―』『Santé!! 〜最高級ワインをあなたに〜』『アクアヴィーテ (aquavitae) !! 〜生命の水〜』のお酒3部作みたいに。

●パレードの階段降りはこんな感じでした。

ひとこ(エトワール)
 ⇓
ほのか・音くり
 ⇓
マイティー
 ⇓
カチャ
 ⇓
瀬戸くん
 ⇓
華ちゃん
 ⇓
かれーちゃん

美穂姐は歌なしでセンター降りしていて(瀬戸くんのあとだったかなぁ、歌唱力を思うともったいない……)、
同タイミングでゆーなみ氏とつかさが降りていました。

シャンシャン代わりのモフモフは猫じゃらし?
猫じゃらしにしては長いんですけどね。

カチャまでは黒の肩掛け羽、
瀬戸くんは青の2番手羽でキラキラの雉つき、
華ちゃんは紫の大羽根でキラキラの雉つき、
かれーちゃんは赤のトップ羽根、キラキラ雉つきでした。

大羽根3つ並んでるのは派手で豪華。
雉もキラキラしてる。

なにより、2番手・瀬戸くんの大羽根にはぐっときますよ……。
(隣の人が爆泣きしてました。瀬戸くんのためかは知らないけど)

●初日ということで、組長さおたさん、トップのかれーちゃんからご挨拶がありました。

組長さおたさんから瀬戸くんと華ちゃんの退団についても紹介。
みんな(かれーちゃん含めて)あごに力を入れて泣くのをこらえてる風情でした。
あとから見たら、るなぴーが泣いた顔してましたね。

ご挨拶でかれーちゃんが医療従事者に感謝を述べました。
「1年ちょっと……いえ、ずっとですね、医療従事者の方々に支えられて私たちはこうしています。心より感謝申し上げます。」みたいな感じです。
うん、医療従事者の方たちはおそらくまだ舞台観劇には来づらいですよね。
私は感染予防に気を付けながら行動します。

カーテンコールは3回くらいありました。
最後はスタンディングオベーションでした。

スタオベを見たかれーちゃん、しばらく嬉しそうにシャンシャン代わりのモフモフを振ってました。
もちろんほかの花組生もひたすらモフモフを振る(笑)。
熱いショーなのに、微笑ましい空間に……。

そして「嬉しいですねぇ、瀬戸さん」と話しかけるかれーちゃん。
瀬戸くんが応えて、瀬戸くんから華ちゃんにも。
瀬戸くんは「命がけでやってます」みたいなこと言ってたっけな。
華ちゃんは「最後まで精進してまいります」と。

良い初日でした。
これからまだまだブラッシュアップされていくと思います。
千秋楽の配信を見るのが楽しみです。

16

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

宝塚の花