2014後半・花月演目発表

花組と月組の大劇場公演の演目が出ました。

2014/01/10

2014年 公演ラインアップ【宝塚大劇場・東京宝塚劇場】<8月~11月・花組『エリザベート-愛と死の輪舞-』>
1月10日(金)、2014年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、宝塚大劇場・東京宝塚劇場の上演作品が決定いたしましたのでお知らせいたします。

花組
■主演・・・(花組)明日海 りお、蘭乃 はな

◆宝塚大劇場:2014年8月22日(金)~9月22日(月)
◆東京宝塚劇場:2014年10月11日(土)~11月16日(日)

ミュージカル 
『エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-』
脚本・歌詞/ミヒャエル・クンツェ
音楽/シルヴェスター・リーヴァイ
オリジナル・プロダクション/ウィーン劇場協会
潤色・演出/小池 修一郎

上演回数799回、観客動員数192万3千人――今や、宝塚歌劇を代表する人気ミュージカルとなった『エリザベート』を、宝塚歌劇100周年を記念し上演します。一人の少女がオーストリア皇后になったことから辿る数奇な運命に、黄泉の帝王という抽象的な役を配した独創的なストーリーから成り、美しい旋律で彩られたミュージカル・ナンバーは高い音楽性を持ち、多くの人々を魅了してきました。世界各地での海外上演に先駆け、1996年に宝塚で初演されてから、今回で8度目の上演となります。花組新トップスター明日海りおがトート役を演じる大劇場お披露目公演です。

去年、まだ蘭乃ちゃんの娘1続投が確定していないころに「蘭乃ちゃんがシシィやるらしいよ」という噂は流れてきてたんですが、ほんとでした。

みりおの大劇場お披露目であるのに、主語は蘭乃ちゃんになってしまうあたりが蘭乃ちゃんの蘭乃ちゃんたるゆえんですね。
もちろん「タイトルロールだから」という理由だけではないでしょう。
驚異のウェスト50センチ!には納得させてくれそうなシシィです。

みりおのトートは少女マンガみたいなビジュアルになるかな。

既知の演目なので配役もいろいろと考えてしまいます。
だいもんはフランツかしら。
ルキーニも見たいけど、あまり回ってくる気がしない……。

ルキーニは劇団推しの強そうなキキちゃんに行きそうな気がする。

ゆずかれーちゃんはルドルフが鉄板かしら。
踊りまくる黒天使でもいいし、なんならマデ子までやってくれてもいいけど、今までマデレーネが男役に回った記憶が……って、ともよさんがいたか。
(あと、あいりもかな)

ゾフィーは一花、マダムヴォルフは仙名ちゃんと予想。

あと革命家あたり(とルドルフ?)で役替わりがあったりするかな?

2014/01/10

2014年 公演ラインアップ【宝塚大劇場・東京宝塚劇場】<9月~12月・月組『PUCK』『CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-』>
1月10日(金)、2014年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、宝塚大劇場・東京宝塚劇場の上演作品が決定いたしましたのでお知らせいたします。 

月組
■主演・・・(月組)龍 真咲、愛希 れいか

◆宝塚大劇場:2014年9月26日(金)~11月3日(月)
◆東京宝塚劇場:2014年11月21日(金)~12月27日(土)

ミュージカル
『PUCK(パック)』
作・演出/小池 修一郎

シェイクスピアの「真夏の夜の夢」をモチーフに、人間に恋をした妖精パックが愛を得るために大活躍し、最後に人間になるまでを描いた、明るくコミカルでファンタジックなミュージカル。1992年、涼風真世を中心とした月組で上演され好評を博した作品です。再演の呼び声の高かった名作が、松任谷由実氏の提供による主題歌「ミッドサマー・イヴ」と共に、100周年の宝塚歌劇の舞台に甦ります。

ショー・ファンタジー 
『CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-』
作・演出/中村 暁

「ショーはイメージの結晶」というコンセプトのもと、“情熱の結晶”“虹の結晶”“夢の結晶”などのシーンで構成した、ダンスを中心にしたエネルギッシュなショー。伝統と革新を重んじ歩んできた宝塚歌劇の100周年を飾るに相応しい、明るく躍動感溢れる作品です。

ぴーゆーしーけー、ぱっく! は観たことがないのでなんとも。
ただ、男1のビジュアルがすごいことになってたような。
あの格好するのか、まさおが。
似合わなくはない……のか?(でもあんまり見たいものでもない)

ショーは中村A。
当たったり外れたりがある演出家ですが、今回は当たりますように。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。