2014年初夏・花組演目発表

来年の初夏のころ――6月だとみりおの好きな紫陽花の季節だわ――の花組公演の演目が出ました。

2013/12/24

2014年 公演ラインアップ【中日劇場】<6月・花組『ベルサイユのばら―フェルゼンとマリー・アントワネット編―』>
12月24日(火)、2014年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、中日劇場の上演作品が決定いたしましたのでお知らせいたします。

花組
■主演・・・(花組)明日海 りお、蘭乃 はな

◆中日劇場:2014年6月12日(木)~6月29日(日)
一般前売:2014年4月5日(土)
座席料金:(未定)

宝塚グランドロマン
『ベルサイユのばら―フェルゼンとマリー・アントワネット編―』
~池田理代子原作「ベルサイユのばら」より~
脚本・演出/植田 紳爾 演出/谷 正純

1974年に初演され、社会現象を巻き起こした舞台『ベルサイユのばら』。革命に揺れ動く18世紀のフランスを舞台に、熱く生き、哀しく散った二組の恋人たち。オスカルとアンドレ、フェルゼンとマリー・アントワネットが繰り広げる舞台は、多くの人々に愛されてきました。99周年には「オスカルとアンドレ編」「フェルゼン編」を上演し、99周年の宝塚歌劇を鮮やかに彩ると共に、観客動員数が450万人を越えるなど、その歴史に新たな1ページを付け加えました。今回は、新トップ明日海りおを中心とした新生花組により「フェルゼンとマリー・アントワネット編」をご覧頂きます。

みり蘭のプレお披露目は中日でベルばら。

ま た ベ ル ば ら か 。

――動員を見込めそうでいいんじゃないですか。はい。(投げやり)

みりおって不倫しそうにないよなぁとか、蘭乃ちゃんってアントワネットも少女っぽく演じるのかしらとか、想像するとなんだか不安になります。
どんな感じになるんだろう……。

それにしても植爺は働きすぎですね。谷も。
ウマ年だから馬車馬のごとく働くことにしたのか。
なんならいっそペガ子になって飛ぶがいい。(オスカル編じゃないから!)

2013/12/24

2014年 公演ラインアップ【宝塚バウホール】<6月~7月・花組『ノクターン -遠い夏の日の記憶-』>
12月24日(火)、2014年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、宝塚バウホールの上演作品が決定いたしましたのでお知らせいたします。

花組
■主演・・・(花組)柚香 光

◆宝塚バウホール:2014年 6月21日(土)~ 7月1日(火)
一般前売:2014年5月10日(土)
座席料金:(未定)
※当初発表の公演スケジュールから変更(公演を追加)して上演いたします。

バウ・ミュージカル
『ノクターン -遠い夏の日の記憶-』
~ツルゲーネフ作「初恋」より~
脚本・演出/原田 諒

19世紀ロシアを代表する文豪イワン・ツルゲーネフが、生涯で最も愛したと言われる小説「初恋」のミュージカル化。若き主人公ウラジミールは、モスクワ郊外の別荘地で運命の恋に落ちる。だが、それは禁断の恋であった……。同じ女性を愛してしまった親子の葛藤と、自由奔放で蠱惑的な年上の女性との恋に身を焦がすウラジミールの姿を、詩情豊かに謳い上げます。没落の翳りを見せるロシアの貴族社会を背景に、切なくも美しい思春期の光と影をドラマティックに描き出した作品です。

こちらは中日ベルばらの裏。
ゆずかれーちゃんのバウ初主演です。
おめでたい!

演出家が原田くんってのだけが引っかかるところですが……。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

2014年初夏・花組演目発表” に対して2件のコメントがあります。

  1. うめだ より:

    みりおくんのフェルゼンは想像しずらいですね。
    アニメ声で舌たらずなアントワネットさまも…。
    あと、宮廷靴のヒールがひたすら心配です。

  2. ゆきたろ より:

    >うめだ さま
    たしかに宮廷靴のヒールがすごいことになりそうです。
    足元がタイツだと普段よりごまかしがきかなさそうですし。
    蘭乃ちゃんの膝折に期待します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

パンドラ

次の記事

いただきもの