生々しさを抜く工夫

日経新聞に雪組公演『Shall we ダンス?』の記事が出てます。 →コレ

リアルな世界を宝塚の舞台に乗せること――、そのための工夫の、出演者と演出家の両方からアプローチがわかって面白いです。

えりたんの場合、

劇場であの演技(※原作映画で主演を務めた役所広司をイメージ)だとリアルすぎてしまう。もう少しファンタジーの要素を入れたいな、と思った。さえない男だけど、宝塚だから美しくないとだめ。そのバランスを模索している

小柳先生の場合、

そのための工夫が、スクリーンにCGの電車や夜景を映し出す演出だ。「ディテールをそぎ落として、絵のようにした」。生々しさをなくすため、音楽もシンセサイザーなどの機械音を多用したという。

おかげでか、きれいで美しい舞台になってたな。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。