『REON!!』感想・1

DC公演柚希礼音スペシャル・ライブ『REON!!』3月17日(土)12時公演と16時公演を観てきました。
面白かったー!

今までちえコンと略して呼んでましたがライブなんですね。
違いはなんだろう。ノリの差?
何度かちえ主導でスタンディングしてペンライト振って拍手して声も出して…ってあたりが「ライブ」っぽいのかな。

見ごたえのあるショーで、チケットのある限り何回でも通いたいと思えるものでした。

以下、感想。

●RE1 「夜空に眠るまで」でスタート。
そのあと『アポロ』などのポルノ・グラフィティメドレーになり、ライブオリジナル曲(だよね?)の『REON!!』へと続く。

ちえのソロからはじまり、途中から男役も娘役もみんな出てきて踊る。
帽子をかぶったシャープな衣装でこれがまたかっこいい。

トップとしてちえがいて、相手役でねねちゃんがいて、
2・3番手がべにーと真風、そして2番手娘役スターとしてれみちゃん、
その下の目立つところでどいちゃんとしーらんがほぼ同格の扱い、
そして中堅や下級生が回りを固める…というきれいなピラミッド構造ができてました。

星組って華やかだなぁ。
すごく綺麗でかっこいい。センター付近のビジュアルが派手ですごい。

そして支える人たちの実力。
ダンサーがかっこいい。歌もいい。

しょっぱなからどいちゃんとれみちゃんに視線をつかまれて大変だった…。
どいちゃんのダンスがかっこいいんだもん。
れみちゃんの存在感や表情がクールでこれまたかっこいいんだもん。

キトリ=マリアンヌはかーわーいーいー。
ほんとかわいい。
1幕はじめから笑顔全開で踊ってる。

紫りらちゃんは小さいけどパーンとした踊りをする娘役だなぁ。
目がいったよ。

●RE2 「星」に関する曲を集めたメドレー。

ちえの「Twinkle Twinkle Little Star」からスタート。
えーと、歌が若干ひらがな風味なのはご愛敬です。

しーらんら5人による「STAR LIGHT」。光GENJIだっけな。懐かしいよ。
しーらんは昭和なこの曲が似合いすぎでどうしようかと思った。コテコテ感がうまい具合にハマるのだろうか。
しかしあのピンクのギンガムチェックの衣装はいったい……。

ねねちゃんの「ラムのラブソング」は狙いすぎだ。
ねねちゃんのねねちゃんたる所以のねねちゃんらしさをいかんなく活用してましたなぁ。
「好きよ好きよ好きよ」と歌うねねちゃんに対し男子たちが「ねねちゃーん!」と声をかけたときには、大介くんとサイトーくんはお友達なわけだよ、という気持ちになりました。

でも肝心のちえはセット上でぜんっぜんねねちゃんを見てないわけで。
だからねねちゃんが「よそ見をするのはやめてよ!」とぷんすかするわけだが(あたりまえだがかーわーいーいー)。

うまくいったちえねねのデュエットで「ANOTHER ORION」。
が、セット下でバトンを回すどいちゃんに目がくぎづけです。
なんでダンスの振りの中であんなに投げたり回したりできるの! しかも側転とか入れながらだよ。なにこの身体能力。

感動した。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

『REON!!』感想・2