『カノン―Our Melody―』感想・3

●人力手動回転柱は大道具さんだか誰だかが回してるということで、2階からだと人が隠れるスペースがみえました。

オープニングは柱が3本回るから隠れるスペースも3つ、みわっちとみつるの場面は2本だけ回るから隠れるスペースも2つだけ。
つい確認してもーた。

●ちなみにプログラムによるとこのシーンからフィナーレははじまるのね。(正確にはその前の若手男役3人の銀橋から)
ここの娘役の踊りがすごく好き。

『ロック・オン!』大劇版の孔雀の場面みたいな感じで、黒ドレスに扇で踊る。
アダルトで美しい。
花娘の気合いを感じる。

こういう雰囲気のときのくまくまちゃんはいいわぁ。
それと、誰かわからないけどその隣にいた娘役(イヤリングが黒い玉を3つつなげたようなのをつけてた)がすごく綺麗で、表情がよかった。

●不満な点。
あーさーの歌を聴いたおぼえがない。
ラストなのに。
歌ウマなのに。

同様にいまっちの歌を聴いたおぼえもない。
新公学年ながら名うての歌い手なのに。

エトワールがだいもんなのはすごく嬉しいけれど、彼女はまだ先がある。
これからも歌う機会が何度でもある。
だから、退団者に歌わせてほしかった。(もちろんこれはだいもんへの文句ではなく三木センセイへの文句)

●退団者を集めて見せ場を作りましたよ、といった雰囲気の場面があるんだけど、なぜかめぐむ・いまっち・姫花の3人だけ。
あと2人どこいった…?
なんか中途半端な演出だ。

ところでこの場面のめぐむの腰が細すぎてびびったわけだが。
腰のところがすごくゆるゆる。腕をつっこめるんじゃないかというくらい。
みていて不安になる。大変だろうけど痩せすぎないでね。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。