『インフィニティ』感想・1

雪組公演まっつバウ『インフィニティ』を観てきました。
1月8日11時公演と1月9日14時30分公演。

めちゃくちゃ面白かったです。

稲葉センセイのショー作品は好きだわー。
歌える人に歌わせ、踊れる人に踊らせる。
適材適所で、いろんな人に幅広く役を振る。

いろんな人に見せ場が作られてます。たぶん、娘役も下級生まできっかりと。
バウはやっぱりこうじゃないとねぇ。

まっつをメインとして男役はコマ・きんぐが中心でよく使われていた印象。
翔くんも目立つところにいたし、朝風くんもよく歌ってたような。

娘役の見わけが果てしなく苦手なのでそのあたりはきちんと伝えられないのですが、誰が誰だかわからなくても充分すぎるほど楽しめました。
ほんとに何度でも観たい。
といってもバウは売り切れだし、東上はしないし、DVDも9割9分出ないのでどうにもならないんですがね…。

あとセットの2重環や衣装もよかったです。
セットの台(でかい)をときおり出演者がうんせうんせと動かしてたのは「お疲れさまっす…!」という気持ちになりましたが。

下級生ながらスターだな、と思ったのはレオくん。
顔キレイだわ、男役顔だわ、踊りキレがあるわ、色気あるわ、押し出しあるわ。
ついつい目で追ってしまう。

レオくんの女装はキレイでした。
水さんの女装とか真風の女装とかを若干思い出して「よっ、2丁目の売れっ子!」とか声をかけたくなりますが(笑)。
でも色気があって透明感があって、人でないものの妖しさも感じさせる。
いいわー。

ちなみに今日(9日)に見たら、なんとなく宙のりくくんにも似てるような気がしました。
素顔は似てないと思うんだけど。
メイク顔の唇のぽってり加減のせいかなー。
あと目をがっつり見開いて、客席をガシっとみてる芸風。

あすレオの同期並びが好きなんだよね。
この2人をセット売りしてくれんかなー、劇団。
ベルリンの場面はマジでありがとうございますな気持ちでした。さすが背徳の街…!

あすくんもいつみても蘭寿さんの弟なお顔で、まずそれだけで楽しませてくれます(宙のえりちゃんの妹なのは重々承知)。

若手の多い公演だし、あすくんはいい声の歌うまなのでソロもあり。
うまいわー、すごく声がよくて歌のうまい蘭寿さんを見てる気にもなるわー。
身長があと5センチあればなあ…。
顔芸はいつもよりは控えめだった気がします。

あすくんにはフィナーレで「きみはチャラ男か!」とつっこみたくなりました。

まっつをセンターにして全員が横1列に並ぶ。
途中からみんな踊り出すんだけど、あすくんは両隣の娘役の腰を抱いてるんだよ。
両手に花か。

8日は、流れでみんなが隣の人の肩に手をまわしたところでも、あすくんは内側の娘役の腰から手を離しませんでした(笑)。
相手は並び順からしてるりちゃんかな。

9日も両手に花は健在でした。
みんなそんなことしてないのに(笑)。

明るいスケベな感じがこれまた蘭寿さんの若かりし頃とかぶるような…。

ちなみに最後のほうで下級生から順に1人ずつ飛び出してポーズを決める場面があるんですが、あすくんは両手で力こぶを作るようなポーズをつけていて、蘭寿さんのヘラクレスを思い出さずにはいられませんでした。
狙ってやってるわけじゃないんだよね…?

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

『インフィニティ』感想・1” に対して2件のコメントがあります。

  1. ゆう より:

    2回もご覧になったなんて、うらやましい限りです!
    私は12日に1度限りの観劇予定です。奇跡の一般発売でゲットしました。
    ツボを見逃したくありません。
    ご講義下さいませ。
    楽しみにしてますね。

  2. ゆきたろ より:

    >ゆう さま
    一般発売で入手とはほんとに奇跡ですね。
    羨ましい…!
    運がよければ私のようにサバキの可能性もありますよ、と申し上げつつ、
    すごくいい公演なので大切にご覧になって下さい。
    あんまり下級生や娘役に詳しくないのでお役に立てるかどうかわかりませんが、思いつくままに書かせていただきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

帰宅