『星影の人』をみたんだ

トゥエルビでやっていた水さんのプレお披露目公演の中日劇場公演『星影の人』をみましたよ。

●ナマで観てないので、この芝居自体はじめてみました。

水さんが沖田さんというのは知っていて、「でもそれってどーよ…?」とずっと思ってました。
テレビで観たあともその感想は払拭されていません。
やっぱり外見が私の中の沖田総司のイメージじゃないのよ。

沖田にしては鋭すぎるし(顔も目線も)、トップなんだから仕方ないとはいえ年齢的にも少々アレである。

役の大きさその他を一切無視して、外見だけならひろみちゃんの山南さんと取り換えたいくらいです。

とはいえ、キャリアのなせる技か演技力か、水さんは沖田として不自然ではありませんでした。
ピュアでした。
悲しくてまっすぐでした。

外見と演技のマッチしないようでいて意外と合ってる感じは、言ってみりゃー、まゆエリックみたいなもんですね、はい。

●山南さんが脱走して切腹と介錯を命ずる場面。
裏庭に出るときの襖の閉め方がみなよかったです。

少しタメて残すのが見た目にかっこいいだけでなく、演じる役の息づかいや感情が伝わる。

●土方さんを演じるゆみこちゃんは着物になると色気が3割増しだなぁ…!
すっごく色っぽかった。

芸者(本当は刺客)の膝で寝ているシーンなんて最高。

歌もよかった。

●せーこちゃんがまだ雪組なんだけど、せーこちゃんは刺客専科なのかと思いました。
三成の役を思い出してさー。

●局長の近藤さんはまかせて安心の汝鳥さんなんだけど、土方さんと何歳差なのよ…! とつっこまずにいられませんでした。
実際のところは1歳くらいしか違わないはずなの。

●山崎さん役のハマコ先生には惚れるしかないと思いました。いや、元々惚れてるけど。
なんてかっこいいんだ。
素敵すぎる。

いるだけで舞台が締まるよなぁ。
ジェンヌとしては少々アレな体型も、「男性」と思えばリアルさを増す。
水ゆみみたいな男の人はいないけど、ハマコ先生みたいな人ならいる気がする。――って褒め言葉になってるのかどうかよくわからんな。

もちろん芝居もいい。
立ち方、歩き方も堂に入っている。

●芸者・玉勇のとなみの美しさといったらなかった。
彼女の美貌は最高だ。震えがくるほど。

女の側から口説き文句を言ってる場面もあるんだが下品にならない。
娘役は華と品があるのがいい。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

仮想デート