『DREAM FOREVER』梅田DC公演・2

●タニオカさんの歌は現役時代に比べてさほど破壊力がなかったような。

リズム重視の歌だとそれほどひどくないのか、間近で感じるオーラ補正が効いてるのか、単に慣れただけか。

でも「タヒチの歌」はもう非常にタニオカさんとしか言いようがなく、キタ━━━(゚∀゚).━━━!!! と客席でうち震えました。
ああ、やっぱタニオカさんはこうじゃないとねぇ…。
(なんだかんだ好きらしい)

あの独特のキザリは健在でした。
これまた懐かしくて頬がひくひくしました。

●ツレちゃんとマリコさんの楽屋裏コントがあったんですが、スパン衣装を着たまま靴を脱ぐマリコさんの図はけっこう衝撃的でした。
なにげに破壊力あんのよー。
急に「ナマ」に、聖から俗になるんだもん。

●ガイチさんが鬼演出家を演じ、それを「殺してやりたいと思う人がいる」と風花様と星奈様が歌う「稽古場」のシーン。
アンサンブルのみんなが踊ってるところに遅れて2人が登場するんだが、星奈様はマリコさんと踊りながら出てきました。

「踊っちゃった、踊っちゃった」とぴょんぴょんきゃぴきゃぴしてるのがかわいい。
これはこの公演だけの特出だったのかな。プログラムのキャスト表にマリコさんの名前はないし。
だとしたら面白いものを見られて得した。

●鬼演出家をやるガイチさんは金髪のマッシュルームカットのカツラに、ピンクのファーを肩からかけてます。
演出家や振付師、作曲家などを舞台でやるとたいていこうなるのね(笑)。
簡単にいうとオカマテイストが入ると。

『エキサイター!!』のハッチさんもこんなんだったような。

●トークのときに星奈様か風花様かが「私たちはよく似てると言われた」「2人ともエラ子で」と言っていた。
エラ張り顔を「エラ子」というのはジェンヌ用語…?

●アンサンブルは元男役4人、元娘役4人。
私がまともに認識してるのは、みなみちゃん、真波さん、じんじんの3人だけだな。
他は名前は聞いたことがあるような気はするけど、たぶん現役時代は見たことがないと思う。

たぶんはじめてみる人の中で、男役最上級生の光海さんは「現役か?!」とびびった。
髪の色が明るかったのと、恵まれた身長と男役顔によるものもあると思うんだけど、かっこよかった。

凛華さんはかしちゃんを思い出した。顔が似てるのかな。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。