『メイちゃんの執事』感想・4

Sランク執事の理人を「欲しい」という理由だけでデュエロ(決闘)を申し込むリカは正しいと思う。
これぞわがままなお嬢!
気まぐれ!

飼われている娘たちの唯一の気晴らしなんだよなぁ。

リカのコロちゃんはキレイかったです。
ドレス似合うわー。華やか。
デュエロのときの盛装が本気である。
美貌と気位と自信と鬱屈のミックス加減が絶妙である。

コロちゃんが美人娘役だとは思ってませんが(失礼)、舞台の上で美しくあれる、
「美人である」という信号を発せられるのがヅカ娘役としての彼女の技術だな。

デュエロは楽しい。
女たちのために美しい男が闘うというのは女子の夢です。
まさしく「私のために闘わないで!」――いや、「私のために闘え!」か。

理人のべにーはお疲れ様っす。
3つも違うデュエロの殺陣をやったのかと思うと大変だわー…。

お嬢様にこっそり混じってる剣人に「あんた学校は?」と突っ込みたい。うまくやれば抜け出せるのか。
ていうか聖ルチア女学園、意外とセキュリティ甘し。
(ただし理人なら「このくらいできないようでは本郷家の執事は務まらない」で終わりそうである。
ということは、そのへんをクリアーしている剣人は素質が高いっつーことか)

敗れて青山をメイちゃんにとられてしまったリカの臥した体勢がまた美しいのよ。
ヒロインしている。

青山にことづけた手紙に出てくるメイちゃんのはるこがまたかーわーいーいー!
「ルチア5個でどーよ!」のポーズがかーわーいーいー!

ときどき出てくるルチア様と忍のコンビが怖すぎる。
なにこのヤンデレ主従。
凄まじすぎて舞台をのっとる勢い。

れみちゃんのルチアは期待どおり。ていうか元の期待値が半端ないのにそれをちゃんと果たしてくるというか、それすら凌ぐというか。
美しくて気品があって壊れている。

真風の忍もいい。
真風は上手くなったなぁ…。
目立つ外見をしてたから注目されていたけど、やる気があるのかないのかよくわかんない感じだった――昔は。
それが、近頃は静かなたたずまいの中にはっきりと意志が見えてくるようになった。

web拍手 by FC2

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。