『歌劇』2009年9月号・1

『歌劇』が届きました。
表紙のきりやんは服装(ベージュのシャツにタイ)のせいかわりとあっさり風味。
はっきり書けばちょっと地味なくらい。

それでも落ち着いた雰囲気のなかに自信が垣間みえるのは、
次期トップとしてこちらが見てしまうからなのでしょうか。

ちなみに来月号(10月号)の表紙は蘭とむ。
カラー特別企画でスター・スペシャルアンケートとコンビネーション・ポートレートが載るらしい。

コンビネーション・ポートレートは各組トップコンビの2ショってことでしょうか。(そのばあい月組どうするんだろう)
男1・2だと腐が喜びますが。

さて、男なのに腐が入った人といえば藤井の大ちゃんですよ。
4日からの花組公演のショー担当。
『EXCITER!!』座談会がちょっと 自重…ww な感じで面白かった。

大ちゃんといえば男役の女装かはっきりゆーてホモやろな場面が必ずといっていいほど登場するわけですが、
中詰のクラブの場面について、
(文中の「EXCITER」はまとぶんの役名。究極のイケメンだそうな)

(藤井)女達を全て落としたEXCITERに、今度は男達が何故か寄って行って…。

(真飛)ウェルカム!

(藤井)男も女も来いみたいな(笑)、とにかくその場にいる全員を落としてしまう。

って、ハイキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

まとぶんにバッタバッタと落とされる男たち。
それ中詰か!

しかもその後、

(藤井)そこで総踊りになって、中詰で盛り上がった後、ゆう君と壮君とみわっちだけ銀橋に残って一曲やってもらいます。ここはハーンとかウーンとかため息だけで1分40秒くらい。

アヒャヒャヒャ(゚∀゚≡゚∀゚)ヒャヒャヒャ

想像するだけでこっぱずかしい!!!!
みわっちは特濃なんだろうなぁ。

大ちゃんのショーなので若手までいろいろと見せ場があるようです。

デザイナー=ハッチ組長がデザインした衣装を着たモデルを連れた5組のカップルが楽しみ。
研1娘役の実咲凛音嬢が抜擢されてます。

エリートサラリーマン=Mr.SOは花輪君みたいな感じらしい…。

そしてエトワールはまっつと一花。
そういやまっつのエトワールって聞いたことないかも(花組はあまり詳しくないので確証はないですが)。
美声なのでこれまた楽しみ。

拍手する

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。