星全ツ彦根あいさつ

星組全国ツアー11月22日18時公演について。
(演目は『ベルサイユのばら/ネオ・ダンディズム!Ⅲ』)

●あいさつについて。

湖南市長さん登場(けっこう若い)。
花束贈呈&あいさつ。
柚長との連携の微妙さがちょっとほほえましかったり。

瞳子ちゃんあいさつ。
(うろおぼえ)

「星組の星、滋賀県の星、そして湖南市の星の安蘭けいです。

私の出身地が湖南市なんですけど、少し前は甲賀郡で田舎だったんですけど、今も田舎なんですけど…なにを言いたいのかわからなくなってきましたww

私も宝塚に入って数年ですけど(会場笑&瞳子ちゃん強調)、凱旋公演ができるのは滅多にないと思います。
でも公演は1日で(微妙に不満気w)…これからも公演は続いていきます。

岡山までついてきて下さい」

あーーー、確かこんなことを言ってた気がする。
でもニュアンスはちがうと思うし、話の順序もちがうかも。

しかし瞳子ちゃんの年齢ネタがきたww
前にTCAでもやってたよねぇ。

●カーテンコール(会場スタオベ)

瞳子ちゃん一人で登場。

「泣きそう」的なことを言ってたような。
微妙に(ほんとに微妙に)涙ぐんでいたような気もします。

途中でほかのみんなを呼びました。

●カーテンが下りても拍手がとまらない。
客電がついても手拍子は続く。
「さよなら皆様」(「すみれの花咲くころ」だったかも?)が流れてもずっとみんな手拍子。
曲が終わってもまだ手拍子は鳴り止みません。

ぼちぼち帰ろうとする人がいます。
かく言う私も。
電車の時間があるんです。それに合わせた臨時バスも9時20分発の予定なんです。

後ろ髪を引かれる思いで客席をあとにしました。
廊下を歩いていたそのとき。

手拍子が拍手に、そして歓声が。

思わず廊下をダッシュ。
速攻で客席に戻ります。
…これを逃したら後悔する、バスはなんとかなるだろうし、宿へは遅れてもいい。きっと、大丈夫だ。

舞台上には下手袖から出てきた瞳子ちゃんがいました。

客席から「瞳子ちゃーーーん」の掛け声がかかります。
それに応える瞳子ちゃん。

「服を脱ぎかけてたんですけど、もう一度着てきましたw

この公演の千秋楽まで、そして私自身の千秋楽までよろしくお願いします。

皆様お気をつけてお帰りください(出た、締めの台詞)。

滋賀県サイコー!!」

服を脱ぎかけてたってことは、あの重い羽をいったん降ろして、また背負ったってことですよね。
お疲れ様ですww

すごく熱い会場でした。
そしてとても幸せな公演でした。
客席と舞台の一体感がすごくて、幸福感につつまれたまま帰途につけました。

拍手する

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

星ベルばらアドリブ

次の記事

地元侮れず