あすか退団会見

あすかの退団会見の様子がうpされてますね。
サンスポはいつもながら写真が多いし詳しいしで親切。

いい笑顔だ。

瞳子ちゃんと同時を狙ってたわけではないとのことだけど、ベストな選択だと思ってる。
時期もいい。
タイミングもいい。
作品にも恵まれた。
主演男役との相性もよかった。
ファンにも愛された。

申し分ないなぁ。

私は宝塚ファン歴がそんなに長くないし、観劇はいつも遠征になるのでそうそうたくさんの作品を見れはしなかったけど、それでも思い出に残る役はそれなりにある。

『ヘイズ・コード』のリビィはかわいかったよなー。

『マラケシュ~』のイヴェットはダブルヒロインのような重みがあってよかった。

『エル・アルコン』のギルダは最高にかっこよかった。

でも一番すごいと思ったのは『赤と黒』のレナール夫人。
役者としてすごいと思った。
下手な人がやったら影が薄いとらえどころのなくなりそうなヒロインをすごい存在感でもって見せていた。
なによりギルダとの温度差がすごかった。

ほんとにいい役者だった。

退団後も芸能活動を続けそうで嬉しい。

そしてその前に、大劇場公演千秋楽の2日後(!!!)からミューサロ。
まーちゃんの時なんかも思ったけど、ほんとに忙しいな~。
「退団だ…」って思ってるどころじゃなく「歌覚えなきゃ!」「振り覚えなきゃ」って感じなんだろうね。
本人にはしみじみ感慨にふける時間もない。

ミューサロに多分2人くらいサポートメンバーがつくと思うんだけど、誰になるんでしょうか。
同期(美城さん)か、退団同期(未発表だけど多そうで怖い)の人かな。


拍手する

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

声を限りに叫びたい

次の記事

脚細い