ブエノス~感想・3

この公演は娘役も良かったが男役も頑張ってた。

リカルドのしみこは上手くなってたような。
『エル・アルコン』の大根ぎみなセリフまわしはどこにいったんでしょう。
セリフがちゃんとしてるから、感情がすとんとこちらに落ちてきた。

でも何より外見がほんっとにキレイなのな!
今までたいして意識してなかった(単なる好みの問題)んだけど、今回はしみじみキレイだと思いました。

兄妹でいちゃいちゃしてるところはリリアナがかなり羨ましかった!

ビセンテのベニーはちょっと…だったかも。
元々観客に感情移入させにくい役だとは思うんだけど、もうちょっとなんか…。

辛抱役だから勢いで演じられる役じゃないし、濃い演技を要求される役でもないから、どこに取っ掛かりを見つけていいのかわかりにくいとは思う。

役がベニーの表面をツルツルと滑っていっちゃった感じだったなぁ(わかりにくい表現ですいません)。

あー、そうだ、過去が見えない感じがあったなぁ。
かつて特殊部隊(だったっけ?)にいた、って言ってたけど、あんまりそんな感じがしなかったのが問題なのかも。凄味が足りない。
でも学年を考えたらむつかしい要求なのかな。

あとこの役って何歳の設定なんだろう。
ヒゲのわりに若い感じがするし、若いにしては持ってる過去とかエバとの会話が微妙に年齢を感じさせるし。

外見は宝塚の男役として恵まれてる(顔が「男役です!」って記号でできてる)ので、ぜひ上手くなってほしい。
これから出番も増えるだろうし、扱いも悪くなさそうだから。

マルセーロの真風涼帆氏は研3なんですね。若ーー。
勢いがあった。
ビセンテよりははるかにやりやすそうな役かな、うん。

マルセーロがニコラスにやられまくるシーン、あれすごいねw
ちえ怖っっ。
これでもかってくらい蹴りまくるの。

ちえがガタイがよくてしかも身体能力が高そうだから余計に、

ちょ、こんな人に蹴られたおしたら 死 ぬ ((((lll゚Д゚))))

とか思いながら見てました。
迫力あったー。
ちえなら過去のゲリラ活動も納得する。
それに比べて真風氏が「チンピラ」にすぎないのも納得する。重量感が全然ちがうんだもーん。

スペシャルな出来だったのがロレンソ(酒場のオーナー)の美城れん氏。
上手かったー。

どこの専科さんかと。

緩急自在。
出すぎずにちゃんと舞台を締める。

若者(主にイサベラ)を温かく見守る一方、経営者としてのきちんとした顔もあり、一社会人としての少し厳し目の顔もある。

世の大人ってこんなだよな、というリアリティがちゃんとあるの。

外見的にもちゃんとおじさんですごくぴったりはまってた。
84期だから今研11か。

おじさん役者は一日にしてならずだからこれからもこういう役が回ってきてほしい。
お願いだから辞めないでね。


拍手する

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

どっちをとる?