『マリポーサの花』感想・8

●第16場 倉庫事務所

・さるぐつわをかまされた挙句縛られてるきたろう。
ネタだ…ネタすぎる。

しかもしょっちゅう貧乏ゆすりをしててものっそい存在感アピール。

うざーーーーーーーー!!!(大喜び)

そしてそれを蹴るゆみこエスコバル。
ひでぇw エスコバルさんは口数が少ないですがけっこうやってることはひどいです。Sです。さすがネロさんと死線をかいくぐってきただけあります。

・テルのロジャーがかっこいいっすな!
外見がクールだからこういうのはすんなり似合う。

ネロの目的が「セリアの」弟と聞いて笑うロジャーさん。

え、マジで? は、マジ? え、ほんとにほんとにマジなんだ。うっわwwww 女のためて。 こ い つ ア ホ か w w w w w

な感じでひどくていいですな!

・フェルッティさんはやっぱりアホ設定だったことが判明。
FBIとCIAの違いがわからないのであった。

・きたろうのさるぐつわを取ってははめるテル、という構図はすごいなぁ。
ど、同期…。

●第17場 病院

・イスマヨールのマヤさんが父性愛を見せてくれます。
セリアのとなみも姉弟愛を。
いいうちだよなぁ、リナレスん家って。

・「あれほどの拷問は見たことがない」ってわりにはリナレス元気だな。
ま、しゃべれるくらいでないと話が進まないから…。

・リナレスさんのセリフ:「ラジオを聴いてれば分かるのに」……って、ええ!?

みんなそのくらいチェックしとけよーーーーーー!

と叫びだしたくてしょうがない衝動に駆られるんですが。
一気に政府やらCIAやらがアホに見える瞬間です。

・リナレスさんの「みんなが盾になる。僕も、行かなきゃ」が、前にも書いたけどリナ×チャにしか見えません。

・ネロの「もっと素晴らしい世界で俺は君を愛したい」はいいよなぁ。
ちゃんと愛を感じつつ、革命に身を投じる理由を感じられる。

・民衆のコーラスがぞくぞくします。
感じとしてはエリザの銀橋ミルクに近いかな。

・民衆の中では制服っぽい者を着てる人が気になって気になって…。
かわいいんだもん!
制服好きなんだもん!
ル・サンクによると花帆杏奈嬢でした。

・戦闘服のエスコバルさん、キターーーーーー!!!
かこいい、かこいいよアナタ。
「あの人野獣みたい。豹よ、豹」@アリシアさん

・と思ったらさらにかっこいい人が。
戦闘服のネロさん。なんちゅう似合い方。
細身でシャープで精悍だわぁ。

・もうここで私のテンションが確実におかしくなります。
ここからが舞台は怒涛の勢いです。
目が離せません。

拍手する

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。