赤く熱い海・3

『Red Hot Sea』感想。
これで終わり・・・のハズ。

●ひき潮

あああああああこっぱずかしいいいいいいい。
このこっぱずかしさがたまらん。

ゆうひさんお気に入りの場面ですね。
舞台セットもなしで舞台をめいっぱいつかって3組が踊る。
男役も娘役も白一色の衣装で。

・・・やっぱさー、変な衣装よりこっちのがいいよ、草野先生。
だからってショーがぜんぶこんな場面だったらいくらなんでも寝るけどさ。

にしてもシンプルな色の場面は全部ゆうひさんメインなのだが。
なにか思うところはあるのだろうか。

みほちゃんとゆうひさんのダンス。
みほちゃんは娘役のしなやかさが前面に出ててかわいい。
外見はけっこう大人っぽい気がするのになぁ。

あとさわやかぶりっこしてるまっつもお気に入り。

●海が燃える~海風

彩音ちんのはちまきもどきはなんなんだろう・・・。

失恋するみわっち。
かわいそすぎるww

でもみわっちの歌はけっこういいな。

さわやか真飛。
若いお父さんが似合うなぁ。
なんだろう、この落ち着きは。

キレたえりたんはなんでか楽しいな。

死ぬ間際に「生まれる子の名前はペドロに・・・」。
男女はわかってるのか。それとも性別関係ない名前なのか。

彩音の号泣がすごいっす。
ほんとに叫んでます。

飛ぶ棺桶!
『蒼いくちづけ』で使ってたものなんでしょうか。
棺桶は飛んでるんじゃなくで波間を漂い流れてるんだろうけどさ。
みわっちを祈りのダンス?がすばらしい。
こっちを見てると笑わずにすみます。

にしても、芝居でも死ぬ予定で、ショーでも刺されてるまとぶん。
演出家ふたり、うちあわせはなしですか。
お披露目を祝う気あんのかよ、と。

風の人たち登場。
白と水色でまとめられてるので衣装がましです。
でも頭についてるのに激しく既視感。

●終章~フィナーレ

再び野々すみ花が客席をダッシュ。
子供の走り方です。役になりきってます。
いいなあ、上手側・・・。

ぺスカド(熱帯魚?)客席から登場。
通路近いとけっこうわくわくする。
でも目を合わせてくんない・・・。凝視してみたんだがダメでした(凝視すんな)。ヤツら進行方向しか見てませんよ・・・(泣)。

ゆうひさんは銀橋から。
水色スパンでオラオラしてます。

熱帯魚の娘役さんのうち何人か(一花とかれみとか)はかわいいカツラになってます。
よかった・・・。

まとあやのエロダンスデュエットダンス。
ヒートアップしていってるらしい。

んで噂のヅカップ。
もう見慣れた。意外と平気。

パレードに続いていくんですが、みんな踊りながら降りてみんな袖にはけていく。
舞台上に並んでいかないんだ。
まとぶんが降りてくるときに舞台に集合して背中の羽を客席に向けるかたち(波?)でお出迎え。
けっこう迫力があります。

それから銀橋に並んで、ー・・・なのですが。

下手花道、誰もいません。
せつな・・・。

上手はすみ花の住みかがあって遊んでるんですが。
ほんと全体的に上手のがおいしいよな。

あ、でも下手で歌いつつ踊り狂ってる娘役さんはかわいかったです。
脚がきれいで。
転向した天宮さん?


拍手する

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

赤く熱い海・2