赤く熱い海・2

『Red Hot Sea』5月24日~25日の感想です。
続き。

●カモメの海。

ゆうひ・まっつ・みつるがサングラス掛けて銀橋に。
すーーーがーーーーおーーーーをーーー見せてーーーーーーーー(痛切)。

3人で歌います。まっつの歌はいいなぁ。
今回もまっつは歌いまくりです。
路線の歌担当って感じ。

みつるはああみつるね、って感じだった(意味不明)。

たしかまっつが「女の子を拾おう」的なことを歌ってたような。
『蘭の星』でもそういう女ネタ入れてたよな、草野。
あかしが「グラマーな女がいい」って歌ってたような。

よっぽど好きなのか。ラテンテイストを入れずにはいられないのか。でもラテンというよりはただのオヤジくささに映るんだよなぁ。

しかし最初の「Red Red!」「Hot!」「Sea Sea!」は微妙・・・。

カモメさんたち登場。
白一色。
き・れ・い。

しかもセンターは一花です!

ちっさいのがびゃんびゃん跳ねてて気持ちいい。
パンチの利いたダンスだよなぁ。

オンダ(海?)も登場。
今度は青と水色。こっちもきれい。

あれですよ、草野は色をあんまり使わない方がいい。
もう場面ごとに1色だけか同系色のみでまとめといたらいいよ。(暴言)
そしたら草野じゃなくなるけど。
そしてそれはそれで悲しいけど。ネタ的に。

衣装はびらびらした長いもの。
裾がはためくのがきれいで大好き。

ここでもみんなかぶりもの。
でもプロローグの数万倍いいですよ。
この場面のはだいじょうぶ。

ああしかし、ここは南の海なんだよね。
でもなんか日本海テイストを感じてしまう。
ゆうひの歌のせ(ry

●幽霊船

燈台守のまとぶんにデジャヴ。
『ドルチェ・ヴィータ』の一等航海士を思い出します。

はい、またまっつの歌。
歌い倒します。
娘役3人もいい。

場面的にはなんつうか、これまた草野というか・・・。
安いギャグとか好きだよね・・・。

頼むから、客を笑わそうとするのをあきらめてはくれまいか。
正直あんまりおもしろくないと思ったんだ。

●真珠の城

中詰ですね。

全体的には好き。
派手で。色の洪水。
微妙なカツラもかぶってないし(最重要)。

とにかくムダに熱い。
まさにRedでHot。
きらきらギラギラしてて視覚的に満足。

ただ歌い継ぎが・・・orz
選曲が微妙。選曲じゃなくて歌のつなぎ方が悪いのかもしれないけど、なんか客席が乗りきれてない。
歌いすすむにつれて徐々に拍手が減ってくってどうなのよ。

草野先生でもロケットはわりと好き。
アダルトな雰囲気の黒の衣装。羽つき。


拍手する

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。