ボニクラ・4

緒月のテッド。

芝居冒頭、立っている姿がものすごくかっこいい。
ほんとにほんとにかっこいい。
それだけで惚れそうになる。いい男っぷり。

なんだろうなー。
背中がかっこいいのか?
体格?
醸し出す男な雰囲気?

誠実そうで愛情のある、真摯なテッドだった。

仕事とクライドの間で揺れる心情が切ない。
かなめと対峙する場面は見ごたえがあった。
歌もよかったし。

ハマコ先生は3役。

1幕ではほとんど歌わなくてどうしようかと思った。
記者の役でほとんど舞台に出ずっぱりで、それはそれでおいしいんだけれども。ちゃんと引きの演技で舞台上に存在してたし。
けど、なんか歌わないともったいないなー、とつい思っちゃうのよ。

クライドの兄のバック・バロウ。
刑務所に入っている設定だから、基本的にはクライドの心の中の存在。

クライドの中で美化されている兄。
あまりにも善人そうな微笑みが(ほんとうにこんな兄なんだろうか?実際はこんなに優しい人なのか?)と疑問を抱かせた。
そしたらほんとに案の定・・・だった。(ネタばれ?)
裏を感じさせるのがうまい。

どうでもいいけど、バックのときのハマコ先生の顔って香寿さんに似てると思う。

そしてフランク・ヘイマー。
特別捜査官。

逮捕のために取り引きもやる。
決して正義の徒ではなさそうな、清濁併せ呑む一筋縄ではいかないどちらかといえば黒い役。

これが怖かった。

ハマコ先生の悪役はじわりとくるな。
そしてこれが結構かっこいい。
またどこかで悪役見たい。


拍手する

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

ボニクラ・3

次の記事

ボニクラ・5