れこ海退団発表

月組人事,月組

月組現トップコンビ・れいこちゃんと海ちゃんの退団が発表されました。

昨日、『フリューゲル -君がくれた翼-』『万華鏡百景色(ばんかきょうひゃくげしき)』の大劇場千秋楽で、2人ともとても良い笑顔だったんですよね。
幸せなデュエットダンスで幸せそうな顔をするのは当たり前かもしれないけれど、それを超えたところにあるような透明感でした。それこそ、羽ばたく日を待つような。

そうでもなくてもれいこちゃんには2024年カレンダーのことや学年的なもの、そもそもの体調の噂その他がありましたから、このたびの退団発表に驚きはないです。
ただ、お疲れさまでしたと申し上げたいです。

れいこちゃんを最初にまともに認識したのは、(けっこうろくでもないことなんですが)おそらく某1期下の事件のときでした。
入団できなかった生徒さんから「めちゃくちゃ怖い先輩」という扱いで、どんだけだよ……!と。
(まぁ、本科生は怖いのが仕事ですから)

最初はあまり役付きが良くなかったのですが、徐々に頭角を現して路線扱いされていきます。
「スターとしての立ち方がわからない」という困惑が目に見えて気の毒だったのが、経験を積んでスターとしてなじむようになり、ついにはトップスターへ。
その途中で見せてきた、妙な愉快さやすっとこどっこい感も味わい深いものがありました。

生来の美貌に努力で培った演技力や歌唱力を備えて、素晴らしい舞台人になりました。

対し、海ちゃんは若いころから抜擢されていたように思います。
新人公演の初ヒロインも研究科3年目でした。
その後、小公演のヒロインや再度の新公ヒロなど、ほぼ毎年ヒロインを演じていたような。

路線娘役としての王道を歩み、けれど2期下のさくさくが先にトップになるなど回り道をした人。
それだけの経験ゆえか、演技力が素晴らしかったです。
持ち前のダンス力に加え、スカートさばきの美しさや男役さんへの寄り添い方などの娘役芸も高かった。

れいこちゃんを支えられる実力派の娘役さんでした。
男役さんを輝かせられるのは、何割かは娘役さんの力でしょうから。

退団する東京千秋楽は来年の7月7日、七夕。

昨日配信で見た『万華鏡百景色』を思い出します。最後は2人で幸せに。
めぐり合わせのような2人です。


月組トップスター・月城かなと 退団会見のお知らせ
2023.09.25

月組トップスター・月城かなとが、2024年7月7日の東京宝塚劇場公演 ミュージカル・ロマン『Eternal Voice 消え残る想い』、レビュー・アニバーサリー『Grande TAKARAZUKA 110!』の千秋楽をもって退団することとなり、2023年9月26日(火)に記者会見を行います。

なお、会見の模様は当ホームページでもお知らせいたします。   

宝塚歌劇公式サイト

月組トップ娘役・海乃美月 退団会見のお知らせ
2023.09.25

月組トップ娘役・海乃美月が、2024年7月7日の東京宝塚劇場公演 ミュージカル・ロマン『Eternal Voice 消え残る想い』、レビュー・アニバーサリー『Grande TAKARAZUKA 110!』の千秋楽をもって退団することとなり、2023年9月26日(火)に記者会見を行います。

なお、会見の模様は当ホームページでもお知らせいたします。   

宝塚歌劇公式サイト
8