越前市長×翼和希チャリティートークショー・2

OSK

昨日行われた「越前市長山田賢一×翼和希のチャリティートークショー」のレポ的なもの。
私の物悲しい脳みそを通してる以上、内容の正確性は保証できませんのでご承知おきください。

『ブギウギ』ヒロインオーディションの話もたくさんありました。

翼さんは「橘アオイ」役で出演してますが、橘役でオーディションを受けたわけではありません。
ヒロイン、すなわちスズ子役のオーディションです。
が、どう考えても小柄な笠置シヅ子さんをモデルにしたスズ子は自分の役ではない。
自分がヒロインになったら回りがマッチョな人ばかりになってしまう…と。

なので、なにかしらの爪痕を残そうという気持ちでオーディションに臨んだそうです。
というわけでオーディションは男役です!翼和希です!と、かっちりリーゼントで受けてます。

オーディションは楽しかったそうです。
NHKの皆さんがいい人で、演じてるときに手拍子してくれたり。
だからオーディションというより、「見てくれる人がいるなら!」と舞台をやる気持ちでやれたらしい。

オーディションの内容は、赤ちゃんをあやすところなど。
2人だか3人だかでチームを組んで芝居をするものも。

オーディションでは組んで芝居も。
赤ちゃんを抱いたまま先輩(茨田りつ子さん)を待ってて、合図が出たら先輩が登場して会話…という流れで、なかなか先輩がくる合図が出なくてずっとアドリブしながら「先輩まだ〜??」となってたとか。

芝居では「前回とは違う感じで演じてみて」「ちょっと別の人でやって」など、いろんな演じ方を求められた。
劇団にいて、いつも稽古でいろいろやっててよかった、みたいなことを言っておられました。
(ていうかオーディションがめっちゃ北島マヤのエチュードですがな)

オーディションでは「誰よりもアドリブが多い」みたいに書かれたらしいです。
サービス精神があふれてるもんね。

「でも選ばれなかったのはオーディションで赤ちゃんのおしめの匂いを嗅がなかったからだわ~。
回りの子どもがいる女の人、赤ちゃんが泣いてたら絶対おしめの匂いを嗅ぐって言ってたもん。
それやらなかったから落ちたんだわ」

おしめのにおいがヒロインオーデに落ちた理由なのはもちろんご本人談です。ていうかネタでしょう(笑)
NHKの人から選考理由が伝えられたわけではなさそうです。

さて。
越前市は今、紫式部が熱い。
越前市長は昔、大河ドラマや朝ドラの誘致もしていたそうです。

市長の朝ドラ案は、OSKの人が越前市の紙職人か誰かと恋に落ちて越前市に居つく…みたいなもの。
「ラブなしではダメですから」と言う市長に「ラブ、必要ですよね」と翼くん。

そして大河ドラマ『光る君へ』のまひろと三郎の出会いのくだりで、翼くんがキュンキュンしますと言ってました。

翌日のコンサートでは『ブギウギ』主題歌の「ハッピーブギ」も歌うという話もしてくれました。
聴いてるときは楽しいのに「難しかったー!!」「音を取れるようになると楽しい」と。

さて、撮影タイム。
撮れたもの、いろいろ置いときます。
画質が残念なのはすいません。

面白くて、みんなめちゃくちゃ可愛かったああああ。

6

OSK

Posted by ゆきたろ