『Melodia -熱く美しき旋律-』感想・3

・フィナーレの最初は優波・春妃・音の3人。
うららちゃんがびびるほどの大汗でした。
ハードな公演だから身体に気をつけて!

・ロケット好きだ!
A扱いのまさしが回るだけでなく、他にも側転する人がいたりしてちょっと目立つのがいいよね(誰かは不明)。
左右非対称な作りも珍しいなぁ、と。

・茶色のドレスの娘役ナンバーも大好き。
小粋。

・男役の黒燕尾は、みりおを中心にキキちなつ以下男役勢ぞろい。

大劇場のときのかれーちゃんを含む並びもいいけど、みり・キキ・ちなだとみりおをセンターにしたシンメトリー感がすごい。
これはこれでとても素敵な並び。

・デュエダンがちゃんとある……!(普通です)
その普通さに感動するやら羨ましくなるやら。(ほら、さいきん月組観てたからさ……)

フィナーレだけじゃなくてプロローグでも中詰でもちゃんとトップコンビが組んでるのっていいよなぁ。普通のことだけど。

みりおと花乃さんの並びは就任当初はどうなんだろう……と思っていたんだけど、年数を重ねてか信頼関係が感じられるようになった。

カゲソロに高峰くんとくりすちゃん。
きれいな声です。

・エトワールは仙名ちゃん。
本公演では代役エトワールでしたが、全ツでは本役。

ちなつの三番手羽根にはぐっときた。

・ご当地ジェンヌ紹介は、梅芸ではたいてい大阪出身の生徒のみなんだけど、今回は兵庫など近畿の生徒さんも呼ばれてた。
さおたさん大変! でもありがとう!

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。