『私立探偵ケイレブ・ハント』その他の配役発表

『私立探偵ケイレブ・ハント』その他の配役が発表されました。

今出ている解説にあてはめてみる。

舞台は20世紀半ばのロサンゼルス。探偵事務所の所長を務めるケイレブ(ちぎ)は、共同出資者である探偵仲間のジム(だいもん)カズノ(咲奈)と共に高級住宅街に住むセレブ達の浮気調査やトラブル対応に奔走する日々を送っていた。スタイリストとして働く恋人イヴォンヌ(みゆ)との関係も良好だったが、互いの生き方を尊重する二人は、新たな段階に踏み出す機会を見出せずにいた。そんなある日、行方不明となった娘アデル(あゆみ)の捜索依頼にやって来たメキシコ人夫婦(みと・大)が直後に事故死するという事件が起きる。ケイレブは夫婦の願いに応える為、早速調査を開始。やがて、とある会員制の超高級クラブでアデルらしき女を発見するが、別の調査を進めていたジムとカズノが追う人物も、このクラブの関係者であることが判明する。果たしてそこは犯罪組織の隠れ蓑なのか。クラブのオーナーであるマクシミリアン(れいこ)と接触する為に彼の屋敷を訪れたケイレブは、そこで思いがけずイヴォンヌの姿を見かける…。仲間達と力を合わせ敵に立ち向かうケイレブと、その身を案じながらも彼を支えるイヴォンヌとの大人の恋の行方を描くミュージカル。粋な都会的空気感の中で、雪組トップコンビ早霧せいなと咲妃みゆが恋する男女の心の機微を繊細に演じあげます。

マクシミリアンがれいこで、その部下があすくん。

あとは役名のみ(コートニーやらナイジェルやら)、職業のみがほとんどなのでどういう役かはわからない。
とりあえず、今回も役名のある縣くんおめでとうだ。

公式に出ているハリーのインタビューから。

——どのような作品を目指していますか?
 私はこれまで2回ほど探偵物の芝居を創りましたが、どちらかというとシリアスな作風でした。今回は笑いの要素も取り入れた探偵物で、事件解決に向けてリスクとの板挟みになるなど、各人の想いやプライベートな部分もしっかりと描いていきたいです。笑いとは言っても、早霧が3枚目の役を演じるのではなく、人物同士のやりとりから、思わず笑ってしまうような要素がにじみ出てくる、そんな作品を創りたいと思っています。

 

ハリーのコメディは好き。
(笑いの要素も取り入れたとあるだけでコメディとは銘打ってないけど)
楽しみです。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

ケイレブ退団者発表

次の記事

みりおん退団発表