『るろうに剣心』感想・7

●赤べこの歌が楽しい。
しばらくベコベコ言いたくなるくらい楽しい。ここ大好き。

出ている娘役ちゃんは可愛いし、中でもうきちゃんがめちゃくちゃ可愛いし。

・妙役のくらっちは年増(だよね?あの時代なら)の貫禄があって、いいんだか悪いんだか(笑)。

・燕役の星南さんはなぜに1人おかっぱ? と思ったら子供なのか。
役柄がしっかりした子供の設定なのか、あまり子供っぽくは感じなかった。

しかし子供だと知ってからは、麻薬に侵されているのが辛い。
大人はまだいいけど子供はちょっと……。

●ハリ治療で治る麻薬だと……? (←たぶん、今作最大のツッコミどころ)

しかも「蜘蛛の巣」は半分の材料で倍の効果があるとか言ってたのにハリ(それも縫い針かなにか)で治っちゃうところで、実はたいしたことないんじゃね? と。
膝カックンされた気分になった。

●ひとこの「剣心の影」。
これ、舞台ならではだなぁ。さすが小池さん。
(景子センセイにはできないやつや……)

使い方もいいし、演じているひとこの演技・動きも素敵でした。

●研1にして役名とセリフのある縣くん、スゴツヨ。

期待度すげぇ!
雪組の若手推しの遠慮なさもすげぇ!

1年前はまだ文化祭やってた頃だっつうのに!(演劇の主役でした)
ええ、そのときから目立ってたとも!
ちゃんと上手かったとも!

なので出世に異存はないのですが、もうちょっとゆっくり育ててもいいかなーと思わんでもない。

舞台で役がつけば嬉しいし、でも大事に育ててほしい生徒さんでもあるし、悩ましいところだわ。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。