ブランドとして

新しいグラフと一緒に送られてきた「TCA PRESS vol.103」冒頭のインタビューが女優の中嶋朋子さんのものなのですが、共演されたOGの方たちへのお言葉が感動的でした。

久世さん、安寿さんらの名前を挙げて「宝塚の方って、本当に驚くくらいピュアで可愛らしいんです。まっすぐで努力家。すごくきれいな水で研磨された珠みたいなんですよね。」。

”すごくきれいな水で研磨された珠”――なんというありがたくも美しい表現。

それのみならず、すみ花のエピソードまで紹介して下さっています。
公演中のある日、すごく早い時間に楽屋に入ったら、すみ花が這いつくばって掃除をしていた、と。
どうやら毎日一番早く来て掃除をしていたらしい。

こういう人が、ブランドとしての宝塚を作り上げ、守ってくれているんだな。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

違和感なし

次の記事

耐えた