『鼓太郎/Wrapping! ~』千秋楽を観てきた・1

『武生の鼓太郎/Wrapping! Clapping!』11月10日13時公演と15時公演を観てきました。
前楽と大楽ですね。
ほんとは姉たちと来る予定だったんですが、台風が来たり風邪をひいたり雨が降ったりで(幼児連れなので、外の遊園地が使えないとムリ)予定が延び延びになり、結局私一人で観ることに。

残念ですが、仕方ありません。

ただしさびしくはないです。
基本、単独行動なので……。

BlogPaint

            ↑ 
  
    13時公演終演後、一人で乗った観覧車からの景色。
    千秋楽を観る人たちが並んでます。

高所恐怖症まではいきませんが、高いところは好きじゃないのになんで乗ってしまったんだろう……。

雨模様のせいか、劇場に限らず菊人形自体に人出があまりありませんでした。
それでも千秋楽はけっこうな入りでした。

OSKのたけふ菊人形公演を1か月以上ぶりに観たんですが、回数を重ねているせいか、前より良くなっていた気がします。

芝居で2番手格、ショーで3番手を務めた虹架くん。
彼に余裕が感じられました。
初日近くは物足りなさをおぼえましたが、今回はまったく不足を感じませんでした。

同様に、初日近くは「2番手にしては渋すぎるだろ……」と思っていた緋波さんも、渋さは残したままかっこよく大きく見えました。
100公演近く務めた立場が、彼らを光らせたのでしょうか。

芝居では、鼓太郎の手下2人(隼人と朧)がいろいろやってるのが楽しい。
どつきあったりの小芝居が増えたような。

越前市出身の穂香さんは、若いのにどことなくどっしりとしたたたずまい。
OSKが好きで入ってきて、ここでしっかり仕事をしようと思っているような、ある種の覚悟を感じます。

彼女はナマで見ると宙の朝日奈くんにちょっと似てました。
出身県が同じだからといってまさか関係はないでしょうが……。
(ちなみにプログラムの写真はちぎにチョイ似です。頬が削げてたから?)

ショーでなんかかわいい娘役さんがいるなー、と見ていました。
かなめさんです。
(顔と名前を一致させられるので、パレードで一人づつ紹介されるのがありがたい)

顔がちょっと雪のひーこに似てるな、と思ってたんですが、彼女は芸風も雪娘っぽい。視線の残し方とか。
かわいかった。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。