『REON!!Ⅱ』感想・2

●海を思わせるライティングの中、ちえのセリ上がりからスタート。

出演者が登場し街の映像をバックにヒョウ柄の衣装で踊る。
「都会の獣」といった感じ。

主題歌は前作(無印の『REON!!』)と同じ。
エグザイル的な縦に並んでぐるぐる回るあの踊りもあります。

●続くべにーさんの歌の場面、衣装が『バビロン』の鳩の場面のものかな。

●カーテン前であんるの歌で娘役さんが踊る「バーレスク」。
椅子を使って踊ります。
れみちゃんがやってたのと同じかな?

そのあとは人数が増えて踊ります。
ここの歌はコロちゃん。

どいちゃんの女装も再び。
相変わらず立派なお背中でございました。

踊るどいちゃんを階段に座って見てるちえが色っぽくていい。
ぎらつくでもなく枯れるでもなく、自然にオスを感じさせる。

余裕たっぷりだけれどそれを誇示するいやらしさもない。
力を抜いて自然に見ているんだけど、力のあるオスだからこそ、わざわざなにかを誇示する必要もないんだと感じさせる。
欲しいものは欲しいと言えばいいし、手を伸ばせば手に入れられるとシンプルに思っていそう。
でもそれが傲慢さではなく、ただの「当然」であるのがちえだ。

どいちゃんが演じる女性は拗ねた表情。
男の見せる余裕に焦れているのかな。
映画「バーレスク」は観ていないけれど、いつもなら誰もが自分に焦がれてあさましく懇願してくるのに、それをしてこない男に困惑し、自分のペースに引きずり込もうと頑張っているようです。

●酔った男が見た夢、ということで「ちえちゃん」の場面。
(客席はこれから何が始まるのかだいたいわかってるので、ちえの声だけで早くもウケてます。)
これも前作とたぶん一緒。
しーらん演じる「CHIE」がパーマンの帽子をかぶって横スライディングして登場するところも一緒かな。

お父さんがべにー、お兄ちゃんがれんた。
お母さんはまさこ様がやることになりました。さらにでかくなった……。

前作の真風おかーさんはめちゃくちゃおっとりしてかわいい感じでしたが、まさこおかーさんは厳しそうです。
教育ママっぽい。
お祭りから帰ってこない娘に容赦なく雷を落としそうです。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

『REON!!Ⅱ』感想・1

次の記事

『REON!!Ⅱ』感想・3