『アリスの恋人』感想・1

11月25日11時公演を観劇してきました。
1回しか観てないし、来週東京まで行く予定なので(!)感想はざっくりとだけ書いておこうと思います。

すごく面白かったです。

みりおの学生姿(高校生だよね?)が素晴らしすぎる。
なにあれ超キレイ。
超かっこいい。
服装はふつうなのになんてファンタジーなんだ。なにあのアイドル高校生。

小柳センセイはみりおのパーソナルブックを基にして妄想をふくらませたんですか? と思いました。

もちろんファンタスマゴリアでのコスプレもいうことはない。
美しいは正義。
でもって美しいだけじゃなくて実力もあるしなぁ。歌えるし。

役柄が合ってたという運のよさもあるとはいえ、いやー、みりおさんは素晴らしいわと思いました。

ルイス・キャロルの高校生なつっぱり方もかわいかったです。
役の性格としてはかなりベタだと思うけど、いいんだ。
なんかライトノベルとかアニメとかに出てきそうなキャラだけど、いいんだ。

そういや、芝居全体をとおして、出てくる登場人物が「キャラクター」な感じを受けました。
が、ぶっちゃけそれでいいんじゃないかと思います。

今回は若手メインのバウ公演。
「キャラクター」的な性格付けのほうがたぶん若手のボロが出にくい。芝居の形が整いやすい。

本公演の登場人物が「キャラクター」系ばかりだとさすがにどうかと思うし(がっちりした大人の芝居もみたい)、そればっかりじゃ出演者の成長にならないだろうとも思う。
けれど、私もお金を払う以上は楽しみたい。

脚本や演出がちゃんとしていること。
出演者に合った役を振ること。
出演者の「手に負える」役であること(…前述のとおりこれは功罪あるだろうけれど)。

それがこの公演の勝因かな、と思います。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

マイナス3