『カナリア』感想・3

アジャーニのみりおんは安心してみていられる娘役。
歌も芝居もいい。
研3なのになんて安定してるんだろう。

トップ娘役を張っていたみどりちゃんの当たり役を違和感なくこなしてしまった。
もちろん最後の泣きの場面はカットされていて、物語の主役ではなくヒロインに収まるように作りかえられてはいたけれど。

アジャーニはよかった。
ホテルの一室でのヴィムとの掛け合いの歌は最高だ。
「私きっと好かれている」って誤解してるところがおかしくて笑った。歌もうまいしなぁ。

それだけにいつまでたってもなぜか覚えられない容姿が残念。何度かセンターに立ってるし、本公演でもいいポジにいるというのに。
不思議だ。
癖のない容姿がいけないのだろうか。普通に美人で特徴がないからなのか。
それとも一言でいってしまえば華がない、なのかなぁ。

それと、これはただの贅沢な悩みだけど、安定していることがいずれ物足りなさにつながりそうだ。
上手さを超えるものが欲しい。
こちらがぶっとばされるようななにか。

ひやひやしなさすぎてつまらんのかな。
結局誰かを好きになるには吊り橋効果が必要なのか…?

って、私は研3の娘役になにを求めてるんでしょうね。
それもちゃんと歌える貴重な美人娘役にねぇ…。

あ、一個文句つけたいこと。
アジャーニはお金を手に入れて綺麗になるんだけど、変身後の髪型がいただけない。
もっと似合う、こちらの目が覚めるようなカツラがあるはず。

あのいまっち演じるオネエな美容師があの髪型にするわけないわー。

ラブロー神父のみわっち。
初演のオサは「怪演」とでも言いたくなるようなぶっ飛び方をしてましたが、みわっちは白いきれいな男役のままやってる印象を受けました。
オサの変さを基準におくと物足りない気がしないでもないけど、でもやっぱりおかしかった。いやー、笑った笑った。

監獄にアジャーニを訪ねるところとか好きよ。「あなたは強盗、私はネコババ」だっけ。
あそこは爆笑したなぁ。

それと終わり近くにヴィムが悪魔だと知れたところの「ええええええ」の驚き方はちょっと壊れてて楽しかった。

ラブロー神父っとコンビになるシスター・ヴィノッシュの仙名ちゃんはやっぱり上手いなぁ。

初演のあすかの狂信的で一本切れた感じとは変えて作ってきましたね。
あすかよりは信仰心がなくてイっちゃってる度が低いけど、これはこれで怖い。
彼女がシスターになったのはラブロー神父に惚れたからなんじゃないかと思う。

研4にして既に女役の風格がみえてきてますが、歌も上手い娘役なのでいい使われ方をしてほしい。

みわっちと仙名ちゃんのもう一つの役は、ニュースキャスターのジュールとサリー。
仙名ちゃんサリーのテンポの悪さにイラっとしてるみわっちジュールがなにげに好物です。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

同時退団