『Dance Romanesque』感想・3

・今回のショーでは小さな物語がいくつか入っている。
それらをつなぐ役割をする語り部さんたち4人の衣装が好きだ。
禍々しい夢へ引導される。

・ていうか、一色氏の顔がやっぱり私は好きだ。全力で好きだ。たまらん。
これはマイブームだ。

フィナーレの黒燕尾のところでもついガン見してしまった。
あのしれっとした顔で踊ってるのが好きなのよ!
体温低そうな踊り方がなんでかツボにくるのよ。

ううう、上手前方席座りたい。パレードでガン見して視線に気づかせたい…!(でもさらっとかわされそうなイメージだわ)

・話はズレるが、私は娘役さんとは(相手にバレバレなレベルでガン見しすぎて)見つめ合い状態になったことが何度かあるんだが、男役さんとはそういう状態になったことがない。
なぜだ。娘役さんのほうがサービス精神旺盛なのか、たんに競争率の問題なのか、偶然か、見つめ合い自体が気のせいか。

・まさおと咲妃嬢のタリスマンの場面。
まさおの緑とオレンジの衣装がなんともヅカ仕様な色づかいやなぁと思いつつもこれはたぶん許容範囲。

若々しくて弱そうなまさおをひさびさにみたような気がする。すごく懐かしい感じ。
一生懸命かわいこぶってる感じがなんだかこそばゆい。

咲妃嬢もかわいかった気がする…けど、磨き方が足りない感じなのは仕方ない。まだ研2だしね。

・ブラド伯爵のもりえが似合うわー。かっこいいわー。
長身にマントはためかせてるのはそれだけでぐっとくる。
あー、長身でスタイルいい人っていいよなぁ。

一緒に出てくる手下のちなつ氏とたまきちがまた体格がよくてかっこいいんだ。

・まわりのダンサーズのゾンビっぽい動きが面白い。
誰と誰がカップルでー、とかみてると楽しいんだが、おかげで2回ともまさおがもりえの杖を奪うところ(?)を見逃しました…。
気づいたら術が解けてて(?)ストーリーを追い切れなかったよ……。

次こそはちゃんと物語を理解するんだ! と意気込んでおくが、ちゃんとできる自信はない(笑)。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

先生

次の記事

共通点