14COVERS

宝塚一般

『14COVERS TAKARAZUKA OTOKOUTA』のCD+DVDを買いましたよ。

なかなかよかった……が、なにげに笑える。
アレンジが凄すぎてどういうこと?! って感じで。
なんかやたらに壮大だったり斉藤恒芳氏の色が強くてオギーの舞台をみているようだったり。

歌そのものはおいておいて「原曲しらないけどこのアレンジは間違ってないか?」とツッコミたくなるものがいくつかありました。
笑えたからいいけど。(いやぁ、カチャの曲は凄まじかった…)

選ばれている人については発表になった段階で納得してた人はやはり納得の出来で、元々微妙だと思ってた人は程度の差こそあれやっぱりそれなりでありました。

あーさーとかよっしーとか、脇の歌ウマさんがこういうのに出るというのはいいね。
路線の歌ウマももちろん最高に好きですがそういう人はほかにも機会があるので、次があるならば路線外の歌ウマオンリーでCDを作ってほしい。
が、そうなると売上という点で不安が出るからむつかしいのかなぁ…。私は買うけど。

歌はもちろんスタジオ録音。
普段なら観客に姿をみせつつ(ときには踊りつつ)歌わざるを得ない舞台人が、そのすべてを歌だけにつぎこむのだからいいものにならないわけがない。

加えて、これは「男歌」であって「男役」として歌っているわけではないので(人によってその度合は違いそうですが)、ほぼ素の自分の一番得意なところで歌うこともできる。
極端な話、女のまま歌うことすらできる。

だから彼女らの本気をここに見た。
歌に全力をかたむければここまでいくんだ、という点ですごくぞくぞくした。

全員で歌う「truth」は好きだな。これも原曲しらないけど。
まっつの「I LOVE YOU」との声の違いがすごく興味深かったのと、みっちゃんの高音にやられた。

DVDは全部で45分ほど。
各自のソロの収録風景にかぶせたインタビューと「truth」のビデオクリップ映像。
満足。

だいもんはなんつーかエロく育ったなぁ…。
首筋のホクロがいいわー。

だいもんの「天城越え」とみっちゃんの東北弁バージョンの「大きな古時計」を聞きたいです。

まっつが素でかっこよすぎてどうしていいかわからない。
べにーのメガネは反則。ていうかこれが女子ですか。

そして自分的に衝撃だったのがあーさー。
シャイそうなところとすごく礼儀正しい感じとものすごくきちんとした女の人っぽさと笑顔にやられた。

なにあの萌えキャラ。

めちゃくちゃこちらのツボをついてくるんですが。
「やだ、かっこいい…」的な対・男役目線じゃなくて、自分が男だったらこういう人を好きだろう、っていうような方向で。
ええ、ありえない。

ちょっとした笑顔がむちゃくちゃかわいいんですよ。
屋上らしきところで写メとってカメラに見せるのがかわいいんですよ。
カメラに気づいてふと上げた目線がすごい萌えるんですよ。

ああ、かわいいと萌えるしか言ってない。

今まで単に歌のうまいオタクだと思ってたのになぁ。(ひどい)
こういう方向でのギャップ萌えは予想外である。
これから「アー卓」をどんな気持ちで読んだらいいんだ。

web拍手 by FC2

0