『Frank&Friends/Mitsuko』感想・1

梅田芸術劇場で『Frank&Friends/Mitsuko』を見てきました。

3月20日18時公演はゲストもキャストもなんかお得感がありました。
といっても宝塚以外のミュージカルってほぼ見たことないので、「あーこれがかのルカスかー」とか「マテってこんな顔の人なのかー」レベルの感動なのですが…。
なんだかもうしわけない。

えーと、みんな歌うまいね! とごくあたりまえのことに感動しました。
洩れなく歌がうまくて素晴らしかった。
音痴耐性がついていても上手い歌というのはよいものです。

Act1は『Mitsuko』。
形としてはガラ・コンサートみたいなものでしょうか。よくわからないけど…。

面白かったよ。
行ってよかった。

歌の力をすごく感じた。

特に好きだったのは、まず娘時代に夫となるハインリッヒと交わすデュエットの愛の歌。
それから異国の男性に嫁ぐ光子に扇を賜る皇后様の歌。
そして光子の次男リヒャルトと後に結婚する年上のユダヤ人女性とのデュエット。

どの歌も素晴らしかったけれど、これらの歌が特に心にしみた。

光子役の瞳子ちゃんが振袖姿ででてきたときは軽くひびりましたが、歌いだすとさらりと年齢を超えてくる。
可憐で聡明な娘時代も、気骨のある結婚後も、「姑」化する中年以降も。

夫に先立たれ、親戚と戦い、育てた息子は自分の気にそまぬ女と結婚し、自らも病を抱えて老いていく。
この老い方がなんとも上手くて。
役者だわー、昔から老けるの上手かったよなー、と感嘆してしまった。

安蘭けいは歌もいいけれどもやはり役者なのよね、と思った。

これだから瞳子ちゃんの舞台が好きなんだ。

web拍手

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。