ネオダンⅢ感想・2

●キャリオカの場面で見てて気持ちがいいのはコトコト。
スカートさばきがきれい。
これぞ娘役。

●「恋する男はドン・キホーテ」は客席降りなんだよね。
前列通路わきの人がひたすらうらやましかったー。
運が良ければしいすずと握手ができます。

ここのお嬢さんがたもかわいい。
かわいいけど、この役名なんとかならんか。

キューティー8て。
(フラッシュくらい出してもらわんと…。)

ついついせあらをガン見。
せあらはきれいだし芝居が上手いので好きだ。

●「明日へのエナジー」はいいなぁ。
これも初めて生で観た。評判が高いだけのことはある。

パワフルで、こちらまで力がみなぎってくる。
前向きになれそうな気がする。
生きる気力がわいてくる。

初演?でタキちゃんがやっていた歌いあげを担当してた人は誰なんでしょう。
どうしてもタキちゃんと比較してしまうので損だとは思うけど、なかなか素敵だった。

●ロケットは大人っぽくて素敵。衣装かわいい!
センターがコトコトでちっさいのに、中低になってるわけでもなくて、列がぼこぼこしてたのがちょっと不満…。
ロケットは身長順に並べてくれた方が見た目がきれいだと思うんだ。

●「all by myself」について。
瞳子ちゃんの「歌で語る」技術はすごいな…と。
いや、技術なのかどうかはわからないけど、音で歌うんじゃなくて、言葉を伝えるために歌に乗せているような印象を受ける。

まず言葉ありきで、だから歌詞が聴き手にダイレクトに伝わってくる感じ。
そんな瞳子ちゃんに懐旧するような歌を歌われると…

キツいです。

泣けってか。泣けってか。
ああ泣きてぇよちくしょう。
でも泣いてたら舞台が見れないんだよぅ ゴルァ!(ガラが悪くてすいません)

●ボレロ・スーパーデュエットでカゲソロを任された二人は上手かったです。
白妙なつ嬢と花愛瑞穂嬢。

●フィナーレはやっぱり瞳子ちゃんへの拍手が熱かった。
さすが地元。
しかも実力があってすごいものを見せてくれたし。

ほんとに見れてよかった。
男役も娘役もみんないいものを見せてくれて、さらに客席の熱さも伝わってくるいい公演だった。


拍手する

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

同じ曲…?