『レヴュー誕生』を見たんだ

演出・草野先生。

●幕開きがオーソドックスでいいっすなー。
あー、これぞレヴューって感じで。
ステッキに羽にダルマにスパンに大階段。
これぞ宝塚レビュー。

音楽も衣装もオーソドックス。
装置もきれい。
スターが順番に大階段から降りてくるのもいい。
羽根しょって順番に降りてくるの。

なんだよ、草野!(呼び捨て)
やればできる子じゃないかあああぁぁぁ!

でも轟さんが出てきたのはびっくりした。
花組公演なのになんで!?って(他意はない)。
そうか、これ特出してたのか。

●次の白いドレス燕尾?+ソフト帽でのダンスもいい。
群舞がきれい。
理事とオサが両方出てるんだけど、二人の歌の掛け合いがまたいいんだ。

●上級生4人(マヤさん、ハッチさん、立さん、汝鳥さん…順不同)の場つなぎのところは『ザ・クラシック』を思い出したなぁ。

●衣装デザイナーのあさこが…オカマ。
しかもなんとも言いがたい色あわせの衣装。

油断してたよ。
これ草野のショーだった _| ̄|○
黒塗りじゃないし、オープニングが普通だったから完全に忘れてた。

でもちょっとほっとしたのは内緒。

過剰なまでにやりきってるあさこが素敵すぐる。
楽しんでるというよりはヤケに感じますが。

●「私は本書き。貧しい本書き」と意味不明な言葉を言わされているオサが不憫である。そんな日本語ねぇよ。

でもそんなセリフを大まじめにキザに言っちゃうオサ…。プロだなぁ。

みほちゃんが子役やってるぅぅぅ!
いまいち似合わな(ry
でもちっちゃいピアノの音楽好き。

彩音はこのときからピアノを弾いてたのね。

何度見ても、なんでオサが黒鳥アサコを振って白鳥ふーちゃんを選ぶのかがわかりません。

私は別にオサアサ萌えでもないしふーちゃんアンチでもないと思うんだが、流れ的に全然理解できんのよ。

いきなり術が破れて(?)ふーちゃんへの愛を思い出すのか?
なんでいきなり術が解ける(?)のかがわかんない。

アサコが髪をなでつけるのがエロい。
んで、誘われるオサの目つき(+開いた唇)がやらしい。
コンビ萌えの方々にはたまらんだろうなー。

でも、いきなり邪魔者(※ヒロイン)が登場して、王子とデキちゃうんだよなー。

なんじゃいそら。

あと、ちはる兄貴が怖いやらかっこいいやら。
しかし役どころはなんなのだろう。

●ゆみとむ銀橋。
路線(当時3・4番手)なのに渋すぎ。なんだろうこの中年コンビは(二人とも今は若くなったなぁ…)。

●完全に忘れたころに轟さん登場(失礼)。そうだった、この方も出ておられたのであった。
青スパンがきれい。

●あすかのロケット衣装は『蘭の星』で南海が着てたやつですか?
歌いながら階段降りてきたときはエトワールかと思った。が、小階段だった…。
歌って真ん中でロケットやって忙しいな~。

●本物のエトワールは理事様であられた。
最後に大階段を降りてくるよりは組ファンの抵抗が少なそうだなぁ。

●このショーは全体的に色味がきれいだった。
草野なのに!
色を使いすぎなければ大丈夫だということが判明した。合わせるのは白か黒にしといたら大丈夫なんだよ、ね?

拍手する

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。