大野っち大劇デビュー

あー早くもwktkwktk。・:*+((((*o´ω`)o゜。・:*+・
(ミーマイすらまだなのに!)

月組

◆宝塚大劇場:2008年11月7日(金)~12月11日(木)
◆東京宝塚劇場:2009年予定

源氏物語千年紀頌
『夢の浮橋』(仮題)
脚本・演出/大野拓史

源氏物語千年紀年の年末公演にあたり、源氏物語の最終章「宇治十帖」を取り上げ舞台化します。宮中を華やかに彩る貴公子・匂宮、匂宮と兄弟のように育った薫、そして二人の貴公子から想いを寄せられることになる浮舟。三人を巡る切ない恋を、宝塚歌劇らしい華やぎと爽やかさの中に描き出した作品です。大野拓史の大劇場デビュー作となります。

ファナティック・ショー
『Apasionado!!(アパショナード)』
作・演出/藤井大介

“Apasionado”はスペイン語で「熱い」「情熱の男」という意味。「熱」をテーマに、熱いリズム、熱い血潮、燃え上がる恋、嫉妬の炎、命を賭けた情熱など、様々な「熱」の形を具現化した、情熱的でエネルギーに満ちたダンシング・レビュー。パッショネイトな真紅の炎、強いエネルギー、そして時にはクールさの中の青い炎を感じさせる、ショースター瀬奈じゅんの魅力を十二分に見せる、大人の雰囲気のショー作品です。

■主な出演者・・・(月組)瀬奈 じゅん

大野っち、歌劇の新年のあいさつで源氏の話してましたよね。
やっぱり構想があったかー。
てことは、毛皮を着た姫君とか登場しちゃったりする?

大野っち得意の日本物。
ひさびさな気がする。
でもむっっつかしい言葉は避けてね、お願い☆
(大野っちはなまじ古典の素養やら教養やらがあるだけに、つい観客の知らない用語を用いてしまうのだ)

南北朝時代じゃないからやおいはなしですね!
(そのうち空蝉編でもやりませんか。源氏と小君(空蝉の弟)が~、って場面があるの。源氏がタチ悪いの。)
でも匂宮と薫のいちゃいちゃは多少あるかもしんない。軽く期待。

で、主人公はどっちですか?
宇治十帖って、原作的には薫にウェイトが置かれてた気がするけど、説明読む限り匂宮をメインにしてるっぽいね。

ショーは藤井せんせー。
これも楽しみ。
藤井せんせーはノリが好きだ。スピード感があるし、明るいし。たまに耽美だし。

しかし日本物の白塗りとスペインの黒塗り(たぶん)ですか。
化粧が大変だね・・・。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

舞い降りるもの