Passion 愛の旅

これも2月11日11時公演の感想です。
もはやほとんど覚えてない自分にびっくりです・・・(脳みそ容量少なすぎ)_| ̄|○

●プロローグ

華やかです。
オーソドックスです。
ものすごく安心して見ていられるプロローグ。
予定調和もいいね。

ミラーボール持ってる淑女(ベル・ノワール)が気になってしゃーない。
なぜ、それを?(きれいですけども)

●終わりなき愛の旅

みき・たつを引き連れて歌う理事様。
なかなかの耳福。

この公演でみきちゃんは最後だから、結構おいしく出てる。

●大空へ

さわやか~!
なんかザ・宙組!な感じ。若々しい。

セットもシンプルだけど、センスいいと思う。
飛行機の羽が一部だけ見えてるんです。

まちゃみのところを本来はウメがやってたのか。
似合っただろうなぁ。
もちろんまちゃみもよかったですよ?
ダンス上手いしね。もちろんかわいいし。

らんとむだけ世代が違う感じ・・・。

他の人たちは普通に士官学校に入ってきた感じだけど、らんとむだけは社会人経験がありそう。
就職もして、仕事にもそれなりに満足もしてたんだけど、やっぱり夢を捨てきれなくて学校に入ってしまったというか。
だから周りは年下の同級生だらけ。

きっとらんとむの学校でのあだ名は「先輩」「先生」「お父さん」あたりだ。

●砂漠の薔薇

理事が本気でかっこいい(*´д`)
翻弄されるおっさんはもはや彼女の持ち芸です。
究めてます。
ドリキンの1部(コムROSSOを手に入れようとする薔薇収集家)を思い出しました。

くどい衣装です。
なんの違和感もなく着こなしてます。
轟さんは、場面がくどければくどいほど似合うなぁ。

道化のまりえったさん、薔薇を持って上手花道からセリ上がり。

うっかり笑いそうになったが、笑う場面ではないらしい(すいませんすいません)。
しみこブラックを思い出したんだよう。
(薔薇を口にくわえてなくてよかった)

ウメの役(オダリスク)はカチャ。
女装してもあんまり違和感がありません。
丸顔だからなあ。
ていうか、顔がほんとに小さいわ。

珠洲さんのいるスーフィーの男たちも怪しくていい。
得体のしれないハーレムだ。

ていうか、この場面、目が足りないよー!
ほんっっっとに見たいところがいっぱいあるんだもん。
リピートしたくなる。

歌もいいですよ。
たっちんがソロ取ってた気がする。

●燃えるリズム
●燃えるカルナバル
●ファンタジー

記憶、記憶がないよママン・・・_| ̄|○

つまんなかったわけではないですよ?
ていうか、このショーは全編おもしろかったですとも。

ただ、この後のシーンの衝撃で、この辺の記憶がぶっ飛んだものと思われる。

●フィナーレ

問題のシーン。
意味がよくわからないのですが・・・。

女装したタニが登場。
理事と踊る。

途中タニがいなくなって、その喪失を嘆く理事。

と、上手花道から女装を解いた(ようするに男役の)タニ登場。

スポットを浴びて見つめあう二人。

「運命の相手・・・」

そんな心の声を入れたくなります。
(でも間違っても「ああ、あなたは私の庭に舞い降りてきた大きな鷹・・・」とか言っちゃダメです)
相手(タニ)は男だから、オム・ファタール?

にしても、なんで男同士で見つめあわにゃならんのでしょう(澄夫ちゃんのサービス?)。
最初に出てきた女(タニ)とは関係があるのでしょうか。

☆女装タニと男装タニの関係(予想)

1 女装は女装であって、実は男。あえて正体ばらしてみた。
  それでも理事はオッケーだった。

2 女は死んで、双子の男が現れた。

3 まったくの他人。でもそっくり。バイな理事には無関係。ていうか、こっちが本命?

んむむ、なんなんでしょう・・・( ;´・ω・`)オイラにはわかんね。
それか、ほんとはウメがやるべきところをタニが男役でやった、とか・・・?
まさかね~。 

●パレード

エトワールはみき。
サヨナラでほんとにいいところをもらいました。

ウメ代理でまちゃみ。
ちゃんと羽背負ってます。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

黎明の風

次の記事

ニコ楽しいなあ