恋の空中ブランコ・3

この公演でひそかに困っていること。

雪組美形軍団を見るかハマコ先生を見るかで悩む。

どっちもサーカス団がらみだからさー、ほぼ同じ場面に出てくるんですよ。
でどうしようかなぁ~、と思いながらオペラをウロウロウロウロ・・・。

雪組美形軍団はもうほんとに目の保養。
あっちにもこっちにもカワイイ子がいっぱい。なんてドリームな場所。
ああああキレイ~(*´д`)(顔がにやけてます)

かたやハマコ先生。
神父役だけど、わざわざ目立つことをしなくても、いやがおうにも目に飛び込んでくるその存在の濃さ。
ああああ暑苦しい~(*´д`)(本気で喜んでます)

ハマコ神父、いや、役名はレオンなんだけど、不必要なくらいに場面に出てます。
嬉しいです。
でもこんなに出しゃばらんでも、と思う私がいます。
もうちょっと下がっててもいいんじゃないか、と思う私もいます。
そのくらい舞台上にいる時間が長いし、出たら出たですごくいい位置に立っています。
キムシンの私へのサービスとして受け取りました。

まず、「死んじゃうかも」で倒れたジョルジュを運び込む先がサーカス団の控室なんですが。
・・・なぜレオン神父がここに?(´・ω・`;)

いや、いたっていいんだけども。
サーカス団とは仲良しみたいだし。
ていうか、教会の前で倒れたんなら、素直に教会で保護すればいいじゃないか。
ただし『堕天使の涙』になるけど。

サーカスの土地の件でけっこう長いやり取りをする水とな。
それを舞台でずっと見ているハマコ先生。

(*´ω`)にこにこにこにこ・・・・・・(温厚なハマコ先生)

最後ハマコ先生の「(二人を)見ているだけで心があたたかくなるね」とかなんとかで暗転するんですが。
その最後のセリフを言わせるためだけに舞台上に置いておいたんでしょうか。

ああ、なんだかハマコ先生の無駄遣い。

だって、ジョルジュとマルキーズのやり取りってけっこう長いんだよー。
レオン神父、そのどこにもからんでいかないんだよー。
ずっと二人を見ながら顔芸してるだけなんだよー。
なんか大変そうだ。

ハマコ先生だから何もしなくても舞台にいられるけど、普通のジェンヌだったらすごく難しいことなんじゃないか?
だってたいしてやることないし。
そこにいる意味ほとんどわかんないし。

ぶっちゃけ「二人にしてやれよ」「はよ帰れ」と思いましたさ。
そのあとで「見ているだけで~」ですからね。さぶいセリフ言わされてんなぁ、と思いましたよ。
そこはハマコ先生だから、こなしてましたけど。

マルキーズのお誕生日会で『愛について』を歌いあげるハマコ先生。
歌のプレゼントです。
でも「あんたが歌いたかっただけだろう」とつっこみたくて仕方ありません。

レオン神父(*´ω`):「説教くさかったかな」(ニコニコ)

説教くさくはないけど、なんで人の誕生日会で青年の主張・・・○| ̄|_

「愛はひたすら与えるもの~」とか歌ってますが、マルキーズに対して歌う歌じゃないだろう、と。
マルキーズは教会でボランティアもする献身的な娘です(たぶん、設定上は)。
なので、そんなこと言われるいわれはないわけです。

歌詞の内容はあきらかにジョルジュに向かってます。
キムシン、レオン神父に意味不明な行動をとらせないように。
頼むぜ。

サーカス魂にも参加。
いやいやいやいやレオン神父はサーカス団の一員じゃないし。
将来に不安もないし。
だからあんまり歌ってはいないんだけども(ちゃんとソロ部分あるけどね)。
サーカス団員の支持者、というスタンスなんでしょうか。
でもなんか違和感・・・。

けど、舞台を見てる時はあんまりそういうことは気にならないんだよね。
出演者が熱いし(主にハマコ先生)。
美形もいっぱいいるし(主にそら・せし)。
ええ、それだけで幸せでございます。

最後に、個人的にツボった場所。

水とな、テルさゆの結婚が決まってゆみこアルガンが唐突に歌いはじめるんですよ。
しかも「男は浮気をするもの~」って、それ祝ってんのか!?な歌を。

その時に舞台上で出演者が踊ってるんですが、
前列センター付近にハマコ先生と女ハマコなゆめみちゃん(゜ω゜*)
踊り激ウマ、ただし見た目渋すぎ。

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。