『ロジェ』大劇場楽@スカステ

ようやく『ロジェ』の大劇場楽をダイジェストではありますがスカステのニュースで見れました。

伝統の入りから見れてよかった。
どの組も、どのトップの退団のときも、組子とファンが一つになってトップの退団という式典を飾り立てる。趣向をこらして。
そこに作りだされ体現される愛のようなものを美しいと思う。
ファンタジーと現実の狭間にある、一つの奇跡だと思う。

「水さん、ステキー」と叫ぶみなこ。
トップ娘役って、相手役っていいな。
こんな独特なポジション、きっと宝塚以外にはないんだから。

本公演、サヨナラショー、そして退団者あいさつ。

芝居のほうはあんまりアドリブがなさそうだったけど、ハリー物ではいつものことだから仕方ないか。

ショーで「せーの!」と客席参加を要求する水さん(客席から「ワンモアタイム!」)。
要求しながら「ああ言っちゃった。言ったら終わっちゃうから」ってひどいwww

サヨナラショーは過去の公演を思い出す。
エリザの黒天使ダンスを見たかったな。ていうか、もう一度みたいな。
これで真波さんもみなこも認識したんだ。
私にとっても思い出の公演だ。

ロシブルのイリーナのドレスはやっぱりかわいい。

リオブラではポンポンも出てきた。懐かしい。
水さんが客席を走ったんだね。

全体に明るくてからっとしたサヨナラショーに見えました。
「サヨナラショー」というよりも、わりとふつうの、一つの完結したショーのような感じ。
トップ退団のときの恒例になってるような薔薇配り(薔薇撒き?)はなかったのかな。ニュースではやってなかったと思うんだけど。

あいさつのときの真波さんは涙腺崩壊してましたね。
顔というよりも、声が。

「水さーん」と全員で呼んだ声に反比例するかのような、至極あっさりとした「はい」という返事がなんともおかしい。
ナチュラルに、気取らずに、素でありたいと思ったのかな。

最後の衣装として選んだシンプルな黒燕尾のように。

たくさんの同時退団者について「雪組的には痛手だけれど自分には非常に心強い」とか、最後までへんな面白さをみせてくる人だ。

同時退団者についての一言評もよかった。
中でも「ピュアなまゆ!」とはよく言った。ほんとにピュアだもんなぁ…、あの学年で。

みなこへの言葉はあたたかかった。
トップ娘役という大任を負ったものへのねぎらいが優しくて、勝手にみなこに感情移入して泣けた。
「苦労しただろうけど」的なことを言われてふるふると首を振るみなこはいじらしかった。

web拍手 by FC2

0

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚歌劇団ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。